ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

ようこそ!このサイトについてと自己紹介 http://nekoronde-vet-journal-club.blog.jp/archives/cat_102769.html

Viljoen, A. D., et al.
"Clinical characteristics and histology of cholecystectomised dogs with nongravity‐dependent biliary sludge: 16 cases (2014‐2019)." 
Journal of Small Animal Practice (2021).


PubMedリンク PMID:33629392
本文:無料公開なし

タイトル:重力非依存性の胆泥のあり胆嚢摘出を行った犬の臨床的特徴と組織学;16症例(2014-2019)

==アブストラクト===
目的
:古典的な明らかな胆道徴候がなく、重力非依存性の胆泥のために胆嚢摘出をうけた犬における利用可能な組織学、生化学、および臨床的な経過についてを報告すること。

方法
:重力非依存性の胆泥にために胆嚢摘出を行った家庭飼育犬の症例シリーズ。重力非依存性の胆泥が胆嚢容積の半分未満を満たす犬6頭で、胆嚢の駆出率が測定された。組織学、生化学、臨床徴候、術後の臨床経過が示された。

結果
:この回顧的症例シリーズには16頭の犬が組み入れられた。胆嚢粘液嚢腫の組織学的基準を満たす犬はおらず、原発性の肝炎または胆管炎の組織学的所見を示す犬もいなかった。生化学では11頭が正常だった。高コレステロール血症を示す犬はいなかった。12頭で胆嚢炎(リンパ球形質細胞性 11、好中球性 1)があり、9頭で胆嚢粘膜の過形成がみられた。13頭の犬は腸炎(リンパ球形質細胞性 12、好中球性 1)を患っており、9頭の犬で反応性肝炎(リンパ球形質細胞性 8、好中球性 1)を患っていた。重力非依存性の胆泥が胆嚢容積の半分以下であった犬ではすべて、準最適な胆嚢機能を有していた。朝の食欲低下と運動不耐を含む臨床徴候は、胆嚢摘出術後に86%(12/14)で解消し、臨床的な改善は全体の犬の81%(13/16)でみられた。

床的意義:十二指腸の炎症は、重力非依存性の胆泥のある犬の胆嚢の運動障害に影響を与える可能性がある。さらに、日ごとに朝の食欲低下と運動不耐は、重力非依存性胆泥の犬における症候性胆嚢疾患を示している可能性があり、胆嚢粘液嚢腫に関連した明らかな全身性の臨床徴候よりも先行している可能性がある。

Nutt, Anna E., et al.
"Influence of muscle‐sparing lateral thoracotomy on postoperative pain and lameness: A randomized clinical trial." 
Veterinary Surgery (2021).


PubMedリンク PMID:
33586796
本文:googlescholar経由で入手可能(全文

タイトル:筋肉温存側方開胸術が術後の痛みと跛行に与える影響;ランダム化臨床試験

==アブストラクト===
目的
:犬における筋肉温存側方開胸術と標準的な側方開胸術後の跛行の程度と痛みレベルを評価すること。

研究デザイン
:ランダム化盲検前向き研究。

動物
:家庭飼育犬28頭。

方法
:筋肉温存側方開胸術のグループの犬では広背筋を牽引し、標準的側方開胸術のグループの犬では広背筋を切開した。手術前24時間以内、術後3日、術後8-12週間で、跛行についてフォースプレートを用いて評価し、鉛直力対称性指数のピークを計算した。対称性指数と略式グラスゴー複合測定疼痛スケールで測定した痛みスコアを、主要アウトカムとして評価した。

結果
:全ての犬で、術後3日の対称性指数は、手術前のものよりも低く、手術側と同側の前肢跛行と一致した(p<0.001)。術前と術後3日の対称性指数絶対値の差は、この変化が筋肉温存側方開胸術を行った後の犬よりも、標準的側方開胸術を行った後の犬ほ方が3.1倍大きかったという根拠を示した(p=0.009)。手術後1日目の痛みスコアは、標準的側方開胸術(2.5)よりも筋肉温存側方開胸術(1)の方が低かった(p<0.001)。

結論
:側方開胸術は術後の疼痛と同側前肢の跛行を招き、それは広背筋を温存することで軽減する。

臨床的意義
:側方開胸術を行う犬では、手術直後の合併症を減らすために、広背筋の温存を考慮すべきである。

Krainer, Dorothee, and Gilles Dupré.
"Influence of computed tomographic dimensions of the nasopharynx on middle ear effusion and inflammation in pugs and French bulldogs with brachycephalic airway syndrome." 
Veterinary Surgery (2021).


PubMedリンク PMID:33595152
本文:無料公開なし

タイトル:パグとフレンチ・ブルドッグにおけるCTの
鼻咽頭の大きさが中耳滲出液に与える影響

==アブストラクト===
目的:パグとフレンチ・ブルドッグにおける中耳の異常の有病率を比較し、鼻咽頭の大きさが中耳滲出液に与える影響を調べること。

研究デザイン:回顧的研究。

動物:短頭種気道症候群があり、耳疾患の病歴のなり、パグ30頭とフレンチ・ブルドッグ30 頭

方法:CT検査をレビューし、中耳滲出液、粘膜の造影増強効果、骨炎の所見、鼓室壁の肥厚について調べた。軟口蓋の厚みと、耳管開口部レベルでの鼻咽頭の横断面積を測定し、個々の頭蓋骨指数によって標準化したうえで、品種間の統計的比較を行った。中耳の異常と鼻咽頭の大きさの統計的依存性は、スピアマンの順位相関検定を用いて評価した。

結果:中耳滲出液はフレンチ・ブルドッグ17/30頭(56.7%)とパグ5/30頭(16.7%)でみられた。鼓室包の造影増強効果はフレンチ・ブルドッグの耳25/60(41.6%)、パグの耳3/60(5.0%)でみられた。フレンチ・ブルドッグに比べて、パグでは気道の横断面(Δ=0.31cm2、p<0.001)と軟口蓋の厚さ(Δ=0.44cm、p<0.0001)が小さかった。軟口蓋の厚さと鼻咽頭の大きさは、鼓室包滲出液の存在(r=0.324、r=0.198)または造影増強の存在(r=0.270、0.199)と弱い相関を示した。

結論:中耳の滲出液と炎症は、パグよりもフレンチ・ブルドッグでより一般的であり、そえれは鼻咽頭の大きさとは関連していないようだった。

臨床的意義
:短頭種気道症候群のあるフレンチ・ブルドッグは、中耳の滲出液と炎症の素因があるようだ。

↑このページのトップヘ