Ferasin, Luca, Heidi Ferasin, and Eoin Kilkenny.
"Heart murmurs in apparently healthy cats caused by iatrogenic dynamic right ventricular outflow tract obstruction."
 
Journal of Veterinary Internal Medicine 34.3 (2020): 1102-1107.


PubMedリンク PMID:32343450
本文:無料公開あり(全文

タイトル:医原性の動的右室流出路閉塞に起因する明らかに健康な猫の心雑音

==アブストラクト===
背景
:明らかに健康な猫でもルーチンな身体検査で心雑音が検出されることはよくあり、心雑音を起こす乱流の原因を特定するには最終的にドップラー心エコーが必要となる。しかし、経験豊富な臨床医であっても心エコー検査で雑音の起源が特定できない症例がいる。猫の胸壁に超音波プローブを穏やかに押し当てることで、右心室の内腔が一時的にせまくなり、心臓の異常がなくても血液の乱流を起こす可能性がある。

目的/仮説:心エコー検査中の猫の胸壁に対するエコープローブの圧迫(誘発試験)が右室の血流に与える影響を調べること。第一の仮説は、誘発試験によって右室流出路の流速が増加し、乱流を引き起こすというものである。第二の仮説は、この操作の効果は試験中の心拍数の変化とは無関係であるというものである。

動物:明らかに健康で、身体検査で心雑音がある家庭飼育の猫61頭。

方法:心雑音の検査で来院した猫723頭の心エコー検査の回顧的再調査。

結果:誘発試験中に流出路の流速が1.05±0.26から1.94±0.51m/sに増加した(p<0.0001)。誘発試験中の右室流出のピークと心拍数の間に相関はなかった(p=0.34;r=0.1237)。

結論と臨床的意義
:右室流出路閉塞とそれに関連した心雑音は、エコープローブの右胸壁への圧迫の増加によって、明らかに健康な猫で誘発される可能性がある。


==本文から===
イントロから一部抜粋
過去10年間、猫の胸壁の右側に超音波トランスデューサーで穏やかな圧力を加えると、RV中央部の内腔が一時的に狭くなり、医原性にDRVOTOが誘発され、その後血流の乱れが引き起こされることが偶然に観察されました。また、聴診器の頭を猫の右胸壁にそっと押し付けて、聴診中に可聴雑音を誘発することで、同様の現象を再現できることも確認しました。

これが今回の研究の背景のようです。