Duckett, Margaret E., et al.
"Fasting reduces the incidence of vincristine‐associated adverse events in dogs." 
Veterinary and Comparative Oncology (2020).


PubMedリンク PMID:33448618
本文:無料公開なし

タイトル:絶食は犬のビンクリスチン関連の有害事象の発生を減らす

==アブストラクト===
絶食は、一部にはインスリン様成長因子(IGF-1)の減少により、化学療法関連の有害事象を減らすことが示されており、マウスとヒトでは化学療法中の正常細胞への保護効果を導く可能性が示されている。この研究の目的は、ビンクリスチンの投与をうけた犬において、絶食が体質、骨髄有害事象、消化管有害事象、血清グルコースレベル、血清インスリンレベルに与える影響を調べることである。

この研究は、腫瘍のある犬における前向きクロスオーバー臨床試験である。犬は、1回目または2回目のビンクリスチン投与時に投与前24-28時間の絶食と投与後6時間の絶食とし、もう一方の投与では通常通りに食事を与えた。絶食をした場合の犬では、吐き気、食欲低下、元気消失、および血清インスリンの有意な低下がみられたが、その他の消化器徴候、好中球数、血清グルコース、IFF-1では有意な差はなかった。

腫瘍のある犬において、ビンクリスチン投与前の絶食は、体調や消化器の有害事象を和らげるための安全で有効な方法である。