Uhl, Lisa K., et al.
"Cataracts and phacoemulsification in the Siberian Husky: A retrospective and multicentric study (2008–2018)."
 
Veterinary Ophthalmology (2021).


PubMedリンク PMID:33730445
本文:無料公開なし

タイトル:シベリアン・ハスキーにおける白内障と水晶体超音波乳化吸引術;回顧的多施設間研究(2008-2018)

==アブストラクト===
目的:シベリアン・ハスキー(ハスキー)と他の犬種(非ハスキー)における白内障の特徴と白内障と水晶体超音波乳化吸引術関連する合併症を比較すること。

動物:ハスキー50頭(92眼)、非ハスキー96頭(182眼)を評価した。

方法:白内障と診断されたハスキー(4つの大学獣医病院 2008-2018年)と非ハスキー(コロラド州立大学 2017-2018年)の医療記録をレビューした。犬の年齢、来院時の白内障のステージ、術前・術後の合併症を記録して分析した。

結果
:来院時の平均年齢(±標準偏差)は、非ハスキー(9.5 ± 2.9歳齢)と比べて、ハスキー(3.5 ± 3.3歳齢)は有意に低かった(p<0.0001)。ハスキーは非ハスキーよりも遺伝性白内障で来院することがより多く(84% vs 52%)、非ハスキーはハスキーよりも糖尿病性白内障で来院する割合が有意に高かった(48% vs 16%;p=0.0001)。来院時の白内障のステージは、ハスキーと非ハスキーで差はなかった。水晶体超音波乳化吸引術は、ハスキーの40%(20/50頭、39/92眼)と非ハスキーの42%(40/96頭、74/182眼)で行われた。術前、術後の網膜剥離は、非ハスキーよりもハスキーでより多かった(術前13% vs 2%、術後 10% vs 1%)が、その差は有意ではなかった。その他の術後合併症の発生は、両群で同じくらいの頻度であった(p≧0.17)。

結論
:白内障を評価したハスキーは他の犬種と比較して、より若く、糖尿性白内障での来院が少なく、また統計的な差はなかったものの水晶体超音波乳化吸引術の術前・術後の網膜剥離のリスクの上昇が臨床的に重要なものであった。