Peterson KL, et al. 
"Assessment of shock index in healthy dogs and dogs in hemorrhagic shock" 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care (2013).

PubMedリンク
本文:無料公開なし

==アブストラクト===
目的:健康な犬の集団と出血性ショックと確定した犬の集団とでショック指数(shock index:SI)を比較する。

デザイン:前向きに収集された過去の2つの調査のデータを回顧的に分析

施設:大学の教育病院

動物:組織酸素モニターの参照値を確立させる研究に登録された健康な対照犬78頭と、出血性ショックにおける組織酸素モニターを評価するために登録された出血性ショックが確定している犬38頭。それぞれの研究で得られた心拍数と収縮期血圧をSIの計算に用いた。

介入:なし

測定と主な結果:ショック指数(SI)は対照群(中央値 0.91, 範囲 0.57-1.53)に比べて、出血群(中央値 1.37, 範囲 0.78-4.35)で有意に高かった。出血性ショックの犬の92%が、SI>0.91であった。対照と比較して、出血性ショックの犬では体温が有意に低く(中央値 38.3℃, 幅 35.6-39.9℃ vs 中央値38.7℃,幅 37.5-39.9℃)、心拍数が高く(中央値 150/min, 範囲120-220/min vs 中央値110/min, 範囲 80-150/min)、収縮期血圧が低く(平均112mmHg, SD ±35.8mmHg vs 平均 125mmHg, SD ±21.5mmHg)、乳酸値が高く(中央値 0.51mmol/L, 範囲 0.078-1.41mmol/L vs 中央値 0.11mmol/L, 範囲 0.033-0.33mmol/L)、ヘモグロビン濃度が低かった(中央値 81g/L, 範囲56-183 vs 中央値 162.5g/L, 範囲 133-198g/L)。

結論:ショック指数はシンプルで簡単に計算でき、トリアージの追加的なツールとして利用できる可能性があり、値を>0.9とした場合の出血に対するさらなる評価が試みられるだろう。