ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 衛生管理

Lavallée, Justin M., et al.
"Influence of clipping on bacterial contamination of canine arthrocentesis sites before and after skin preparation." 
Veterinary Surgery (2020).

PubMedリンク PMID:32519394
本文:無料公開あり(全文

タイトル:犬の関節穿刺部位の皮膚準備前後の細菌汚染に対する毛刈りの影響

==アブストラクト=== 
目的:犬の関節穿刺部位の無菌的皮膚準備の一部としての被毛の除去の影響を決定し、無菌皮膚準備後に残る細菌叢の特徴を調べること。

研究デザイン:ランダム化比較試験。

研究集団:短毛のビーグル系雑種犬13頭。 

方法:1つの手根関節、肘関節、足根関節、膝関節の毛刈りをランダムに決めるためにコイントスを用いた。反対側は毛刈りを行わずに残した。すべての部位に4%クロルヘキシジンとそれに次いで70%イソプロピルアルコールによる無菌皮膚準備を行なった。無菌皮膚準備の前後にそれぞれの部位の皮膚からサンプルを採材し、好気性および嫌気性の細菌培養を行なった。 細菌培養は検査所に提出し、細菌のコロニー形成単位(CFU)と各部位で分離された細菌の種類を同定した。
 
結果:それぞれのグループ(毛刈りあり、毛刈りなし)には52部位が含まれた・無菌皮膚準備は、各グループで細菌のCFUを減少させた。犬の皮膚準備後のCFU/mlの値と、左右(p=0.07)、関節(p=0.71)、無菌皮膚準備前のCFU(p=0.94)、または毛刈り(p=0.42)の間に関連はなかった。培養された細菌の中でブドウ球菌属が最も多かった。

結論:肉眼的な皮膚疾患のない清潔な短毛犬種では、 従来の外科的毛刈りを行うのではなく、関節部位を毛刈りしないままにしても、無菌皮膚準備後に皮膚の細菌数が増加することはなかった。

臨床的意義
:この研究では、犬の関節穿刺部位で効果的な無菌皮膚準備のために毛刈りが必要であることをを支持する根拠は見つけられなかった。臨床での変化が合併症の増加と観覧するかどうかを決定するためいには前向き臨床試験が必要となる。
 

Guillaumin, Julien, et al.
"Influence of hang time and location on bacterial contamination of intravenous bags in a veterinary emergency and critical care setting." 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care (2017).

PubMedリンク
本文:無料公開なし

==アブストラクト===
目的
:獣医救急室(ER)と集中治療室(ICU)における静脈輸液バッグの液体とポートの細菌汚染率を評価すること。

デザイン
:実験モデル

設定
:大学病院内に吊るされてる1Lの乳酸平衡電解質液の静脈輸液バッグ90個

介入:バッグはERの2ヶ所(シンクとゴミ箱)とICUの1ヶ所(シンク)に11日間吊るした。バッグは臨床での使用をシュミレートするため、滅菌針で1日に3回穿刺した。注入ポートを消毒し、0,2,4,7,10日目に液体を50mlずつ繰り返し収集した。液体と注射ポートについて好気性菌の培養を行なった。2回連続して同様の表現型の細菌の増殖を汚染と定義した。0日目からの液体の汚染率の増加を正確2項検定を用いて試験した。場所間のポートの汚染率はフィッシャーの正確検定を用いて試験した。

主な結果
: 注射ポートにおける複合細菌増殖は10日目に平均8.1(95%信頼区間 0.005-16.2)cfu/ポートに達した。0,2,4,7日目における複合ポート汚染はそれぞれ3.3%、11.1%、17.8%、31.1%だった。ポートの汚染はERとICUで同様だった。しかし、ポートの汚染はゴミ箱エリア(16.7%)よりもシンクエリア(38.3%)で高かった(P=0.032)。0日目、2日目に汚染された液体バッグはなかった。4日目、7日目の液体バッグの汚染率は1.1%と4.4%であった。汚染されたバッグは全てERのものであった(6.7% 95%正確二項検定信頼区間 1.9-16.2%)。

結論
:注射ポートの汚染は7日目に31.1%に達した。バッグがシンクの横にかけられていると汚染が起こりやすかった。我々のバッグの穿刺モデルでは、液体の汚染は2日目から4日目の間に起こった。
 

==訳者コメント===
・汚染の割合は消毒の仕方や穿刺の回数などによって変わり得ると思います。 

↑このページのトップヘ