ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 整形

Williams, H., et al.
"Multi‐Centre retrospective study of the long‐term outcome following suspected traumatic elbow luxation in 32 cats." 
Journal of Small Animal Practice (2020).

PubMedリンク PMID:32346883
本文:googlescholar経由で入手可能(全文

タイトル
:外傷性肘脱臼が疑われた猫32頭の長期転帰についての多施設回顧的研究

==アブストラクト=== 
目的
:一連の猫の外傷性肘脱臼における整復法と臨床的転帰について記述すること。

方法
:5つの専門紹介施設で治療を行なった片側性の肘脱臼に関する回顧的レビューを行なった。シグナルメント、病因、併発
損傷、脱臼の方向、整復までの時間、最初の整復方法、外科的処置、および合併症についてのデータを含めた。整復方法が不明の症例は除外した。猫筋骨格痛み指数を用いて、
電話での飼い主への質問によるフォローアップを行なった。

結果
:猫32頭が含まれた。側方脱臼が最も多かった(n=21)。最初の非観血的整復が試みられるまでの時間は、24時間未満(n=12)、24-48時間(n=13)、48時間以上(n=3)、または記録なし(n=4)であった。脱臼は、非観血的整復のみ(n=7)または手術(n=25)によって治療され、手術の25症例中14頭で一時的な外科的整復が行われ、11頭で非観血的整復の失敗に続く二次的な処置が行われた。経顆骨トンネルと環状縫合(n=19)が最も多く用いられた外科手技であった。壊滅的な合併症(n=1)、重大な合併症(n=11)、軽度な合併症(n=5)が記録された。再脱臼は固定による観血的な整復(n=0)よりも、非観血的な整復(n=8)でより頻繁にみられた。猫筋骨格痛み指数は12頭の猫で入手でき、12頭すべて転帰はは良好から優良であり、機能スコアの中央値は64.5/68(範囲 55-68)、痛みスコアの中央値は0/15(範囲 0-5)であった。転帰は整復方法とは関連しなかった。

臨床的意義
:肘の再脱臼は一次的な非観血的整復のあとに61%の猫で起こったが、観血的整復症例では起こらなかった。再脱臼の割合は、外傷からの期間に伴い増加した。整復方法に関わらず、ほとんどの猫が飼い主の評価で良好から優良な転帰であった。

Monteiro, Beatriz P., et al.
"Safety and efficacy of reduced dosage ketoprofen with or without tramadol for long-term treatment of osteoarthritis in dogs: a randomized clinical trial."
 
BMC veterinary research 15.1 (2019): 213.

PubMedリンク PMID:31238912
本文:無料公開あり(全文

タイトル:犬の変形性関節症の長期治療としてのトラマドールの併用ありもしくはなしの減量したケトプロフェンの安全性と有効性

==アブストラクト==
背景
:この研究の目的は、犬でトラマドールを併用したもしくしなかった場合の減量したケトプロフェン投与の安全性と有効性について調べることである。健康な犬5頭に標準量のトラマドール(2mg/kg sc、その後1mg/kg po毎日)を投与してグループAとした。変形性関節症のある犬20頭を、減量したケトプロフェン(0.5mg/kg po 単回;0.25mg/kg po毎日)単独投与のグループBと、それにトラマドール(5mg/kg/day po)を組み合わせたグループCに、ランダムに割り振った。治療は28日間投与した。血小板減少時間、胃腸内視鏡検査、および糸球体濾過率を、治療開始後60日まで行なった。痛みについては、120日まで有効性のある臨床計測機器を用いてスコア化した。繰り返し測定したデータに対して、データは一般線型混合モデルを用いて解析した(α=0.05)。

結果:血小板凝集時間はグループ間で差がなかったが、ずべてのグループで時間が延長した。胃腸病変のスコアは、グループBとCよりもグループAで高く(28日時点;p=0.005)、グループAでは時間とともに増加した(p=0.005)。糸球体濾過率は、グループBとCよりもグループAで低く、グループAでは時間とともに減少した(p<0.001)。標準用量のケトプロフェンの投与は、臨床的な関連のある有害事象をもたらした。痛みのスコアは、グループBとCで、0日から28日で減少した。29日から120日でのレスキュー鎮痛の必要性は、グループCよりもグループCで高かった(p=0.039)。

結論
: 変形性関節症の犬における減量投与のケトプロフェンの長期安全特性は、トラマドールとの組み合わせがある場合とない場合とで類似していた。組み合わせによる鎮痛効果は魅力的にみえた。
 

Ferrell, Christopher L., Matthew D. Barnhart, and Eric Herman.
"Impact of postoperative antibiotics on rates of infection and implant removal after tibial tuberosity advancement in 1,768 canine stifles."
 
Veterinary Surgery (2019).

PubMedリンク PMID:31168843
本文:無料公開なし

タイトル:1768の犬の膝関節における脛骨粗面前方転移術術後の感染率およびインプラント除去率に対する術後抗菌薬が与える影響

==アブストラクト===
目的:犬の脛骨粗面前方転移術(TTA)の術後の感染率、インプラント除去率、および術後抗菌薬療法について報告すること。

研究デザイン:回顧的研究。 

動物:1732頭の犬の1768の膝関節。

方法
:TTAで治療した犬の医療記録(2007年1月-2011年12月)を再調査した。最低で術後1年の追跡調査が利用可能であり、膝関節にはそれ以上の処置が行われなかった症例を組み入れた。手術日、培養日、培養と感受性の結果、使用した術後抗菌薬、およびインプラントの除去について記録した。術後の抗菌薬の使用とインプラントの除去が感染の発生と治癒に与える影響について、統計学的に評価した。

結果:術後合併症は、1768の膝のうち82(4.6%)で診断された。32の膝(39%)からインプラントが除去され、23の膝(71.9%)の膝でのみ、プレートとスクリューが除去された。術後抗菌薬療法を行った犬と行っていない犬との間で、感染率に差は無かった。しかし、術後抗菌薬療法をうけた犬ではオキサシリン抵抗性の感染症を発症するリスクがあった(p=0.001)。オキサシリン抵抗性の感染症は、他の種類の細菌感染症に比べて、治癒を達成するためにインプラントを除去する必要との関連があった。

臨床的意義:この研究は、TTAの術後抗菌薬療法を支持する根拠を示さなかった。術後感染症は、ほとんどの犬でTTAケージを除去することなく治療できた。
 

Taylor, J., and C. H. Tangner.
"Acquired muscle contractures in the dog and cat. A review of the literature and case report."
Veterinary and comparative orthopaedics and traumatology 2.02 (2007): 79-85.

PubMedリンク PMID:17546206
本文:googlescholar経由で入手可能(全文) 

タイトル:犬と猫の後天的な筋拘縮;文献と症例報告のレビュー

==アブストラクト===
犬と猫の筋拘縮は、いくつかの異なる筋肉が罹患することが報告されており、多くの素因が関連しており、どの筋肉が罹患するかに応じて様々な予後に関連する。ほとんどの患者では、筋拘縮があるよりも数週かから数ヶ月前にに、なんらかの外傷を負っている。臨床徴候には、跛行、痛み、虚弱、可動域の減少、筋肉全体にみられる硬さ、通常は特徴的な歩行、が含まれる。筋拘縮の素因には、コンパートメント症候群、感染、外傷、反復的な負荷、骨折、感染性疾患、免疫介在性疾患、腫瘍、および虚血が含まれる。ある品種や年齢での好発はあるようだが、動物の性別は大きな影響はない。一般的に、後肢の筋拘縮に比べて、前肢の筋拘縮は治療によく反応し良い予後をもたらす。

 

Story, A. L., et al.
"Evaluation of Weight Change During Carboplatin Therapy in Dogs With Appendicular Osteosarcoma."
 
Journal of veterinary internal medicine 31.4 (2017): 1159-1162.

PubMedリンク PMID:28503759
本文:無料公開あり(全文) 

タイトル:四肢の骨肉腫の犬におけるカルボプラチン治療中の体重変化の評価

==アブストラクト===
背景:獣医学におけるがん性悪液質の有病率は広く研究されておらず、獣医患者におけるこの症候群を効果的に評価するための明確な診断基準はまだない。

目的
(1)断脚と補助化学療法でカルボプラチン単独で治療した四肢の骨肉腫の犬における体重変化のパターンを調べること。
(2)術後の体重の変化が骨肉腫の犬の生存期間にとって負の予後指標かどうかを決定すること。

動物:四肢の骨肉腫と診断された犬88頭。犬は 3つの獣医教育病院から得られた。

方法:回顧的、他施設研究。四肢の骨肉腫と診断され、断脚ののちに最低4回のカルボプラチン単剤の投与が行われた犬が組み入れられた。それzれの患者のデータを分析し、シグナルメント、腫瘍の部位、術前の血清ALP活性、およびカルボプラチン治療の時毎の体重、を含めた。

結果:化学療法の過程にで、体重はわずかに増加したが、この変化は統計学的に有意ではなかった。体重の変化は生存に有意な影響を与えなかった。施設、性別、血清ALP活性は、生存に有意な影響を与えなかった。

結論と臨床的重要
性:体重変化これらの犬では予後因子ではなく、体重減少のみが四肢の骨肉腫の犬におけるがん性悪液質を決定するための適切な方法ではないかもしれない。

Heikkilä, Helka M., et al.
"The effect of intra-articular botulinum toxin A on substance P, prostaglandin E 2, and tumor necrosis factor alpha in the canine osteoarthritic joint."
 
BMC veterinary research 13.1 (2017): 74.

PubMedリンク PMID:28327134
本文:無料公開あり(全文) 

タイトル:ボツリヌストキシンAの関節内注射が、犬の骨関節炎の関節のサブスタンスP、プロスタグランジンE2、腫瘍壊死因子α へ与える影響。

==アブストラクト===
背景:近年、ボツリヌストキシンAの関節内注射が、骨関節炎のある犬の関節の痛みを軽減することが示された。同様の結果が関節炎のヒトの患者でも報告されている。しかしながら、関節内ボツリヌストキシンAの抗侵害受容作用のメカニズムは現在わかっていない。 この研究の目的は、関節炎のある犬における、滑液と血清のサブスタンスP、プロスタグランジンE2(PGE2)、および腫瘍壊死因子α(TNF-α)に対する関節内ボツリヌストキシンAの効果を調べることで、そのメカニズムを改名することである。さらに、滑液のサブスタンスPとPGE2を関節炎のある関節と、関節炎のない関節とで比較し、サブスタンスP、PGE2、関節炎の痛み、および犬のシグナルメントの間の関係を調べることも目的とした。自然発生性の慢性の骨関節炎のある犬35頭と、関節炎のない対照犬13頭を、研究に組み入れた。関節炎の犬は関節内ボツリヌストキシンA(n=19)もしくはプラセボ(n=16)のいずれかをうけた。治療前(ベースライン)、治療後2週間、8週間で、血清および滑液のサンプルが採取され、関節炎の痛みが評価された。骨関節炎の痛みは、力台、ヘルシンキ慢性疼痛指数、および関節の触診によって評価された。滑液サンプルは安楽死された対照犬から採取された。サブスタンスPとPGE2濃度のベースラインからの変化を、関節内ボツリヌストキシンA群と対照群とで比較した。滑液のサブスタンスPとPGE2濃度を、関節炎のある関節とない関節(対照関節)とで比較した。サブスタンスP、PGE2、関節炎の痛み、および犬のシグナルメントの間の関係を評価した。

結果:関節内ボツリヌストキシンAの後のサブスタンスPもしくはPGE2は、ベースラインから有意に変化していなかった。滑液のPGE2は、対照関節と比較して、関節炎のある関節で有意に高かった。滑液のPGE2は関節炎の痛みと相関した。サブスタンスP、PGE2、および犬のシグナルメントの間に関連はみられなかった。すべてのサンプルで、TNF-αの濃度はアッセイの検出限界以下であった。

結論
:このけっかは、関節における関節内ボツリヌストキシンAの抗侵害受容効果はサブスタンスPまたはPGE2の阻害とは関係していない可能性があることを示している。滑液のサブスタンス`ではなく、PGE2は、犬の慢性の骨関節炎と痛みの指標となり得る。 

Pashuck, Troy D., et al.
"Hyaluronic acid versus saline intra‐articular injections for amelioration of chronic knee osteoarthritis: A canine model." 
Journal of Orthopaedic Research 34.10 (2016): 1772-1779.

PubMedリンク PMID:26867692
本文:無料公開あり(全文
 
タイトル
:慢性膝骨関節炎の改善のためのヒアルロン酸vs生理食塩水の関節内注射:犬のモデル

==アブストラクト===
この研究の目的は、骨関節炎の対症治療のためのヒアルロン酸vs生理食塩水の関節内注射の、安全性と有効性を評価することである。

目的のために繁殖された25頭の成犬に、単一の膝の半月板の除去を行なった。骨関節炎の臨床的、関節鏡的、およびX線的な徴候を、治療前のすべての犬で確認した。犬は無作為に以下の5つのグループに割り振られた;ヒアルロン酸-1(n=5)、ヒアルロン酸-3(n=5)、ヒアルロン酸-5(n=5)、生理食塩水-1(n=5)、生理食塩水-3(n=5)。それぞれの犬には、所定の時点で、罹患した膝にそれぞれの物質の関節内注射を行なった。それぞれの注射後に熱感、腫脹、紅斑の評価を行い、治療前と注射後6ヶ月に跛行、疼痛、浸出液、可動範囲、動力学、X線の骨関節炎スコアリング、および関節鏡スコアリングについて評価した。犬を人道的に安楽死させ、膝を肉眼的および組織学的に評価した。

注射後に軽度の熱感、腫脹、および/または紅斑が見られた犬がいたが、1週間以内に改善した。ヒアルロン酸-1、-3、-5で治療した犬は、生理食塩水-1、-3で治療した犬よりも、4週間、8週間、12週間の時点で、少なくとも1つの結果が有意に良かった(p<0.05)。骨関節炎の重症度はどの時点でもグループ間に有意な差はなかったが、すべてのグループで時間とともに重症度は増加した。肉眼的および組織学的骨関節炎スコアは、グループ間で差はなかった。

これらのデータは、3つのヒアルロン酸注射プロトコールは安全であり、慢性の骨関節炎に関連する症状の短期的な改善のためには生理食塩水よりも優れており、そしてヒトの骨関節炎の治療にも変換できることを示唆している。 

Pratesi, Andrea, et al.
"Efficacy of postoperative antimicrobial use for clean orthopedic implant surgery in dogs: a prospective randomized study in 100 consecutive cases."
Veterinary Surgery 44.5 (2015): 653-660.

PubMedリンク
本文:無料公開なし

タイトル :犬のインプラント清潔外科手術における術後抗菌薬使用の効果;連続した100頭の前向き無作為化試験

==アブストラクト===
目的:ステンレスプレートシステムを用いる清潔整形外科手術において、術後の経口抗菌薬投与が手術部位感染(SSI)の防止に有益な効果を持つかどうかを調査すること。

研究デザイン:無作為化前向き臨床試験

動物:犬(n=97)

方法:ステンレスプレートによる固定を必要とする清潔整形外科手術を行った連続した100症例(97頭の犬) を、乱数発生器を用いてランダムにYES群(術後の経口抗菌薬投与を行う)もしくはNO群(術後の経口抗菌薬投与を行わない)に割り当てた。YES群の犬には経口のセファレキシンもしくはアモキシシリンを7日間投与し、NO群の犬は経口抗菌薬なしで退院した。追跡期間の最小は12ヶ月とした。多変量ロジスティック回帰を用いてSSIの危険因子を決定した。

結果:全体の術後感染の割合は12.9%であった。感染は術後抗菌薬投与ありで2症例(4.3%)、術後抗菌薬投与なしで10症例(21.3%)であった。総麻酔時間と術後の抗菌薬投与飲みはSSIと有意に関連した。術後の抗菌薬の使用は感染のリスクを84%まで減少させることと有意に関連し、麻酔時間は感染のリスクと毎分2%まで上昇させた。

結論:術後の経口抗菌薬投与は、清潔な整形外科インプラント手術においてSSIの発症に保護的な効果を持っていた。


==本文から===
開示:この研究において著者の利益相反はない 


==訳者コメント===
・同時期に出ている同じような報告では、術後の抗菌薬を行なってもSSIの発生には影響しないという結論になっていて、面白いなと思いました(”術後抗菌薬の投与はSSIの発生を減少させない”)

↓吟味もしてみました。

==文献の吟味===
AHEADMAPの論文を10分で読むためのワークシート(ランダム化比較試験)を参照して実施

ランダム化されているか? 
→されている(コンピューターによる乱数表)

論文のPECOは?
 P:ステンレスプレートを用いる整形外科手術を受けた犬に
 E:術後の7日間の経口抗菌薬の投与を行うと
 C:術後の経口抗菌薬の投与を行わない場合と比べて
 O:手術部位感染は減少するか?

一次アウトカムは明確か?
→明確(手術部位感染の発生)

真のアウトカムか? 
→この研究では真のアウトカムとして良いと判断

盲検化されているか?
→不明。

ITT解析か?
→ITT解析ではない様子

結果を覆すほど脱落者はいるか?
→ 追跡率:

Aiken, Miranda J., et al.
"Prospective, randomized comparison of the effect of two antimicrobial regimes on surgical site infection rate in dogs undergoing orthopedic implant surgery." 
Veterinary Surgery 44.5 (2015): 661-667.

PubMedリンク
本文:無料公開なし

タイトル:整形外科インプラント手術を行った犬における、2つの抗菌体制の手術部位感染の発生率への影響の前向き無作為化比較

==アブストラクト===
目的
:手術期間に予防的抗菌薬投与を延長することは、犬の金属インプラントを用いる清潔整形外科手術における手術部位感染(SSI)の発生率を減少させるかとどうかを決定すること。

研究デザイン
:無作為化前向き臨床研究

サンプル集団
:金属インプラントを使用した整形外科手術を受けた犬の連続的な手技(n=400)

方法
:症例は1もしくは2のグループにランダムに割り当てられた。グループ1では周術期の抗菌薬のみ投与し、グループ2では周術期と術後5日間に抗菌薬を投与した。手術後2週間と6週間で、飼い主へ質問するか犬を調べてSSIの特定を行なった。手術後1年以上の紹介元の外科医へのアンケートによる長期追跡を行なった。

結果
:グループ1では191頭中10頭(5.24%)が6週間以内にSSIがみられ、グループ2では198頭中7頭(3.54%)でみられた;グループ1の犬の7.22%、グループ2の8.24%が術後6週間以上たってから感染を起こした。

結論:この母集団の犬におけるSSiの発生率は、3時間毎の周術期の予防的抗菌薬投与と6日間継続した投与とで同様であった。 

SSI:surgical site infection

==本文から===
開示:著者の利益相反はない 

対象
2011.3月-2012.8月に金属インプラントを用いた清潔な整形外科手術を受けた犬

除外基準
手術前1週間以内に抗菌薬の投与(全身or局所)を受けていた犬
NSAIDsによる治療が受けられない犬
治療目的の抗菌薬が必要となる犬
術後6週間以内に死亡した犬

抗菌薬の投与内容
グループ1:セフロキシム22mg/kg iv 3回投与;1回目は手術前30-60分以内、その90分後、180分後にそれぞれ投与し、以降の抗菌薬の投与なし
グループ2:セフロキシム22mg/kg iv 3回投与;1回目は手術前30-60分以内、その90分毎に手術が終わるまで。手術後5日目までセファレキシン10mg/kg sc bidとそれに続きセファレキシン20mg/kg po bid。


==訳者コメント===
・同時期に出ている同じような報告では、術後の抗菌薬があった方がSSIの発生が少ないという結論になっていて、面白いなと思いました(その文献は明日のブログで)

↓吟味もしてみました。

==文献の吟味===
AHEADMAPの論文を10分で読むためのワークシート(ランダム化比較試験)を参照して実施

ランダム化されているか? 
→されている(コンピューターによる乱数表)

論文のPECOは?
 P:インプラントを用いる整形外科手術を受けた犬に
 E:周術期と術後の5日間の抗菌薬の投与を行うと
 C:周術期の抗菌薬の投与のみと比べて
 O:手術部位感染は減少するか?

一次アウトカムは明確か?
→明確(手術部位感染の発生)

真のアウトカムか? 
→この研究では真のアウトカムとして良いと判断

盲検化されているか?
→評価者のみが盲検化されている様子。PROBE法と判断。

ITT解析か?
→ITT解析ではない(割付後に除外されている症例が解析に含まれていない)

結果を覆すほど脱落者はいるか?
→ 追跡率:グループ1で96%、グループ2で97%
 追跡率は十分と思う 

↑このページのトップヘ