ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 薬理

Block, Chloё L., and Mark A. Oyama.
"Echocardiographic and biomarker evidence of plasma volume expansion after short‐term steroids administered orally in cats." 
Journal of Veterinary Internal Medicine 34.1 (2020): 29-34.

PubMedリンク PMID:31816124
本文:無料公開あり(全文

タイトル
猫における短期のステロイド経口投与後の血漿量増加についての心エコー検査とバイオマーカーの所見

==アブストラクト=== 
背景:ステロイドの経口投与と筋肉内投与は、それまで心疾患の徴候のなかった猫におけるうっ血性心不全の発症と関連しているが、ステロイド誘発性心不全のリスクが高い猫を同定するための基準は確率されていない。

仮説:ステロイドを5-7日経口投与された猫は、N末端プロB型ナトリウムペプチド(NT-ProBNP)濃度と心臓サイズが増加している。

動物:家庭飼育の猫10頭。

方法:観察コホート研究。少なくとも5日間のステロイド経口投与の開始を意図した猫が連続して募集された。

結果
:猫に対するステロイドの経口投与は、NT-proBNPの絶対的な濃度(ベースライン;49pmol/L[範囲 24-1013]、ステロイド投与後; 85pmol/L[範囲 46-1367])、血圧(ベースライン;145mmHg[範囲 116-163]、ステロイド投与後;145mmHg[範囲115-230])、または血中グルコース濃度(ベースライン;125mg/dl[範囲 92-254]、ステロイド投与後;144mg/dl[範囲 114-307])における差とは関連しなかったが、左心房径の中央値(ベースライン;1.26cm[範囲0.96-2.03]、ステロイド投与後;1.38cm[範囲 1.03-2.20])と左心室内径の平均値(ベースライン;1.55cm[SD 0.28]、ステロイド投与後1.72cm[SD 0.28])の増加とは関連した。10頭中6頭(60%)の猫では、ステロイド投与後にNT-proBNPのパーセンタイル変化が60%を超え、ベースラインでNT-proBNPが<100pmol/Lであった猫8頭のうち3頭(38%)では、ステロイド投与後にNT-proBNPが100pmol/Lを超えた。

結論と臨床的意義:心臓サイズの増加と個々のNTproBNP濃度の変化率は、猫においてステロイドの経口投与による二次的なな血漿量の増加を示唆している。NT-proBNPによる個々の猫の連続的な評価は、容量増加のリスクを判断するために臨床的に役にたつつ場合がある。


企業関与
IDEXX Laboratories 

Adrian, Derek, et al.
"The pharmacokinetics of gabapentin in cats." 
Journal of veterinary internal medicine (2018).

PubMedリンク PMID:30307652
本文:無料公開あり(全文

タイトル:猫におけるガバペンチンの薬物動態

==アブストラクト===
背景:ガバペンチンは猫の慢性の筋骨格系の疼痛の治療として最も一般的に処方されている薬物である。このように一般的で慢性的な使用にも関わらず、臨床的に関連のある薬物動態のデータは欠如している。

目的:猫のおける臨床的に関連のあるガバペンチンの投与計画の薬物動態について評価すること。

動物:研究目的の雑種猫8頭。

方法
:非ランダム化の薬物動態研究に、連続した順番で猫を登録した。ガバペンチンを静脈投与(5mg/kg)、経口投与(10mg/kg)で、1日1回もしくは2回の投与を2週間、または経皮ゲル(10mg/kg)の連続投与を行なった。連続した血液サンプルの収集を48時間まで行なった。血症濃度を超高速液体クロマトグラフィー質量分析によって決定した。区画分析を用いてガバペンチンの時間濃度モデルを作成した。

結果:静脈投与後の全身クリアランス(中央値(範囲))と終末相半減期は、160.7ml/kg*hr(119.63-199.11)および3.78時間(3.12-4.47)であった。経口の終末相半減期は、単回投与で3.63時間(2.96-4.77)、反復投与で3.72時間(3.12-4.51)であった。モデルにより予測されるT MAXとC MAXはそれぞれ、経口の単回投与で1.05時間(0.74-2.11)と12.42μg/ml(8.31-18.35)、反復の経口投与で0.77時間(0.58-1.64)と14.78μg/ml(9.70-18.41)であった。単回の経口投与後の生体利用率は94.77%(82.46-122.83)であった。

重要性
:ガバペンチンの反復の経口投与は、薬物動態を変化させず、長期治療による投与量の調整を行う必要はなかった。調剤されたままでの経皮投与は、薬物の投与として適切な選択ではない。これらのデータは、猫の慢性疼痛状態の治療に対する内科治療の潜在的な有効性を評価するための今後の研究にとって重要なものとなる。
 

Dixon‐Jimenez, Amy C., et al.
"Pharmacokinetic and pharmacodynamic evaluation of oral rivaroxaban in healthy adult cats." 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care 26.5 (2016): 619-629.

PubMedリンク PMID:27599304
本文: 無料公開なし

タイトル:健康な成猫における経口リバーロキサバンの薬物動態および薬力学的評価

==アブストラクト===
目的
:健康な猫におけるリバーロキサバンの薬物動態と薬力学を調べ、ヒトで確立された標的治療範囲内でのリバーロキサバンの様々な血漿中濃度の臨床病理学的効果を評価すること。

デザイン
:2013年7月から2014年11月の間に行われた前向きランダム化クロスオーバー試験。

施設
:獣医大学教育病院。

動物
:6頭の健康な大人の短毛家庭猫(雄3、雌3)

介入
:経口のリバーロキサバンを以下の用量で猫に投与した;固定投与量(1.25mg、2.5mg、5mg PO)で単回投与、12時間毎3日間(1.25mg)投与、24時間毎7日間(2.5mg)投与、24時間毎28日間(1.25mg)投与。血液検体を採取し、CBC、血液化学、および、希釈トロンビン時間、活性化部分トロンビン時間(aPTT)、活性化第Ⅹ因子阻害(抗Ⅹa活性)、高圧液体クロマトグラフィータンデム質量分析測定の薬物濃度の決定、によるリバーロキサバンの抗凝固活性について調べた。

方法と主な結果
:投与をうけた猫では、出血徴候や臨床病理学的な的外れの有害事象はみtられなかった。用量依存性凝固時間の延長と抗Ⅹa活性の増加がみられ、投与後3時間が効果のピークであった。血漿リバーロキサバン濃度と希釈プロトロンビン時間および抗Ⅹa活性、の間には直接の相関がみられた。凝固パラメーターは、最後の投与から24時間で基準値にもどった。

結論
:経口リバーロキサバンは健康な猫によく許容され、予測可能な薬物動態および抗凝固効果を有した。猫の心疾患におけるリバーロキサバンの臨床研究が望まれる。

Chan, C. M., A. E. Frimberger, and A. S. Moore.
"A literature review of reports of the stability and storage of common injectable chemotherapy agents used in veterinary patients." 
Veterinary and comparative oncology 15.4 (2017): 1124-1135.

PubMedリンク PMID:27696684
本文:無料公開(PDF

タイトル
:獣医療患者における一般的な注射可能な化学療法剤の安定性及び貯蔵に関する報告の文献レビュー

==アブストラクト===
ヒトの患者に使用される多くの化学療法剤は製造業者の製品ラベルの推奨に従って、単回使用後または再構成後24時間以内に捨てられる。これは獣医療の顧客にとっては無駄であり、コストがかかり得る。このレポートレでは、獣医療で一般的に使用される19の注射可能 な化学療法剤について、公表されている安定性と保存のデータについて概説した。これらのデータに基づき、無菌的な手技を前提とした保存手順を提示され、薬剤の調整及び取扱いに閉鎖式薬物移送装置(CSDTD)が使用された。 CSDTDを用いた化学療法剤の微生物汚染のリスクと、安定性を示す高性能液体クロマトグラフィーなどの有効で高水準の薬物アッセイに関するさらなる研究が必要とされる。著者の意図は製品ラベルの推奨事項に優先するものではなく、しかし薬物の効果を大幅に損なうことなく長期保存することは可能である可能性があり、一部の獣医療クライアントにとっての化学療法のコストを減らせることを示唆している。 


==本文から引用== 
表1.
獣医療の患者に使用される19の一般的な注射可能な化学療法剤の保存の要旨 
化学療法剤の保存
訳者注)日本国内で販売されていない薬剤や、製剤の形状や含有量などが異なることがあり得ます。

Burton, J. H., et al.
"Potency and stability of compounded formulations of chlorambucil, melphalan and cyclophosphamide."
 
Veterinary and comparative oncology (2017).

PubMedリンク
本文:無料公開なし

タイトル:調剤製剤としてのクロラムブシル、メルファラン、シクロフォスファミドの効力と安定性

==アブストラクト===
 背景:経口の化学療法剤は獣医療ではしばしば調剤されるが、いくつかの製剤の効力は食品医薬品局(FDA)による承認製品の効力とは異なることが示されている。

目的:この研究の目的は経時的に投与するように処方された3つの化学療法剤の効力と安定性を評価することである。 

材料と方法:クロラムブシル 1mg、シクロフォスファミド5mg、メルファラン1mgを調剤したものを受け取り、受領時と6週間ごに効力を試験した。

結果:効力は、クロラムブシルが71-104%、メルファランが58-109%であり、ベースラインと6週間後において両薬剤共に1/4および2/4のサンプルが表示強度の90%以下であった。シクロフォスファミドの効力は92-107%であり、全ての時点で全てのサンプルが表示強度の+/−10%であった。

考察と結論
:これらの結果は調剤化学療法剤の変動性を示し、経口の調剤化学療法剤を処方する際の効力と安定性について考慮する必要性を強調している。


==訳者コメント===
アメリカなどでは薬局で調剤された薬(例えばクロラムブシル2mgを1mgに調剤されたものなど)が手に入るんだったと思います(うろ覚え)。
そうした背景による研究だと思います。専門施設で調剤されたものですら効力が落ちている場合があるわけですから、日本のように院内で調剤する場合にはもっと効力が落ちている可能性があるのではないかと思いました。
 

↑このページのトップヘ