ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 中毒

Weingart, C., A. Hartmann, and B. Kohn.
"Chocolate ingestion in 156 dogs."
 
Journal of Small Animal Practice (2021).


PubMedリンク PMID:33788297
本文:無料公開あり(全文

タイトル:チョコレート摂取の犬156頭

==アブストラクト===
目的:チョコレート摂取後の犬の臨床的特徴と転帰について記述すること。

方法:チョコレートを摂取した犬156頭の臨床徴候、臨床病理学的所見、治療、および転帰についての回顧的な評価。メチルキサンチン(テオブロミン、カフェイン)の濃度は、チョコレートの種類と摂取量に基づいて計算した。

結果:112頭の犬は臨床徴候はなかった。44頭の犬でチョコレート中毒の臨床徴候があった。44頭中28頭がダークチョコレートおよびビターチョコレートを摂取していた。来院理由は、興奮(33)、振戦(22)、嘔吐(21)、喘ぎ(11)、多飲多尿(7)、および下痢(2)であった。一般的な臨床所見には、洞性頻脈(28)、頻呼吸/パンティング(14)、高体温(10)、および脱水(7)があった。44頭中34頭における臨床病理学的所見には、高乳酸血症(23)、低カリウム血症(16)、軽度の高血糖(16)、およびALTおよびASTの軽度上昇(14)がみられた。除染(アポモルヒネ、活性炭)と対症治療(輸液療法、エスモロール、利尿、鎮静)を行い、44頭中43頭が生存した。

臨床的意義
:チョコレート摂取の可能性のある犬では、チョコレートの種類と量、および摂取した時間が重要な因子である。心血管、神経、および消化器の徴候がもっとも多い臨床徴候であった。この症例シリーズでは、除染と対症治療を行ったあとの予後は良好で、死亡率は3%以下であった。

Kaae, Jennifer A., Robert H. Poppenga, and Ashley E. Hill.
"Physical examination, serum biochemical, and coagulation abnormalities, treatments, and outcomes for dogs with toxicosis from α-amanitin–containing mushrooms: 59 cases (2006–2019)." 
Journal of the American Veterinary Medical Association 258.5 (2021): 502-509.


PubMedリンク PMID:33620242
本文:無料公開なし

タイトル:α-アマニチンを含むキノコの中毒の犬における身体検査、血清生化学、血液凝固の異常、治療、および転帰(2006-2019年)

==アブストラクト===
目的:α-アマニチンを含むキノコの摂取によるα-アマニチン中毒と診断した犬の病歴、身体検査所見、臨床病理学的な異常、治療、および転帰についてを報告し、生存と非生存とでなんらかの性あるかどうかを報告すること。

動物:犬59頭。

方法:北カルフォルニア救急専門獣医病院に2006年1月から2019年7月の間に来院し、α-アマニチン中毒と診断したすべての犬の医療記録をレビューし、シグナルメント、体重、病歴、身体検査所見(来院時の直腸温を含む)、血清生化学の結果、血液凝固検査の結果、尿中のα-アマニチン検出検査の結果、治療、および転帰について調べた。生存群と非生存群とで、それぞれの差を比較した。

結果:59頭中、36頭が1歳齢未満であった。56頭がさまざまな臨床徴候を示し、嘔吐、下痢、食欲低下、元気消失、虚弱などであった。22頭は来院時の直腸温が>39.2℃であった。症例は1年を通してみられた。来院時、97%の犬でALT活性の軽度から重度の上昇がみられ、低血糖は78%、凝固時間の延長が91%でみられた。ほとんどの犬は急速に代償不全となり死亡したが、13頭の犬は生存退院して完全に回復した。

結論と臨床的意義
:キノコの摂取はまれであり、かつ迅速な治療を必要とすることから、臨床徴候、身体検査所見、および臨床病理検査の結果をもとにα-アマニチン中毒の犬を識別する能力は必要不可欠である。顕著な低血糖または凝固障害のある犬は予後不良である可能性が高い。


==補足===
α-アマニチン
キノコ毒の一種であるアマトキシン類を構成する毒素。特に毒性の強いキノコとされるテングタケ属のドクツルタケ、タマゴテングタケ、シロタマゴテングタケ、フクロツルタケ、タマゴタケモドキの主要毒性成分。タンパク質合成阻害作用により肝臓や腎臓などの組織が破壊される。ヒトでは消化管からの吸収は早いものの、症状の発現は時間がたってから現れるものとされている。
日本薬学会 環境・衛生部会HPから引用改変)

Handley, Heather G., and Lynn Rolland Hovda.
"Risks of exposure to liquid laundry detergent pods compared to traditional laundry detergents in dogs." 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care (2021).


PubMedリンク PMID:33751786
本文:無料公開なし

タイトル:犬における従来の洗濯洗剤と比較したときの液体洗濯洗剤ポッドへの曝露リスク

==アブストラクト===
目的:従来の洗濯洗剤とポッドの洗濯洗剤を比較した際のリスクの差を計算し、曝露によると予測される臨床徴候と一般的に採用されている治療オプションの概要を説明すること。

デザイン:2012年3月1日から2015年3月1日の間にペット毒物ヘルプラインに報告された症例の回顧的レビュー。

施設
:国際的な動物毒物管理センターであるペット毒物ヘルプラインのコンピュータデータベース。

動物:443頭の犬(液体ポッドの曝露294頭、液体または粉末の洗濯洗剤の曝露149頭)がこの研究に組み入れられた。

介入:なし。

方法と主な結果
ペット毒物ヘルプラインのデータベースを検索し、“洗濯洗剤”へ曝露されたすべての犬を探した。それぞれの症例は、なんらかのブランドの大量包装の液体または粉末としての洗濯洗剤、またはポッド(ポッド、パック、ポケット、サケットなどの語を含む、分割された単回使用の濃縮液体洗濯洗剤)として包装された洗濯洗剤への暴露が判明している、または疑われたのかをチェックされた。液体ポッドの洗剤に曝露された犬では、従来の洗剤に曝露された犬に比べて、臨床徴候が1.8倍起こりやすく、悪心が1.3倍起こりやすく、咳が1.8倍起こりやすかった。

結論
:従来の洗剤に比べて、洗濯洗剤ポッドに曝露された犬では悪心と咳の発生がおおよそ2倍起こりやすかった。これらの徴候はより重度で急性の緊急事態になる可能性がある。対症治療と支持療法により、これらの患者の予後は良好である。

gel-ball-002
ポッド型の液体洗濯洗剤の例
HP:YOURMYSTER STYLEから画像引用

Croft, Rachel, et al.
"Retrospective evaluation of Vitis vinifera ingestion in dogs presented to emergency clinics in the UK (2012–2016): 606 Cases." 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care (2020).


PubMedリンク PMID:33128493
本文:無料公開なし

タイトル
:イギリス(2012-2016年)の救急クリニックに来院した犬におけるVitis vinifera(ヨーロッパブドウ)の摂取についての回顧的評価

==アブストラクト===
目的
Vitis vinifera[ヨーロッパブドウ/ブドウのビニフェラ種;以下、ブドウとする](ブドウ、レーズン、スグリ、サルタナ)の摂取後の犬における主要な臨床徴候と、転帰、および急性腎障害(AKI)の発生率を評価すること。

デザイン:回顧的研究(2012-2016)

施設:イギリスの時間外診療所。

動物:ブドウの摂取後に英国中の53の診療所に通った犬606頭が研究集団に含まれた。

介入:なし。

方法と主な結果
:ヨーロッパブドウの果実は、摂取から12時間以上たったあとの嘔吐の中にもみられた。発生率は12月に増加した。血清クレアチニンまたは尿素が338頭で測定され、全ての犬で基準範囲内であった。ブドウ摂取をした犬のこの集団では、入院して支持療法が行われ、クレアチニン濃度の繰り返しの評価を行った犬33頭中32頭では、入院から24時間以内に急性腎障害の所見はなかった。

結論
:すべての犬が生存退院した。繰り返しクレアチニン濃度を測定した33頭中1頭で、救急治療ガイドラインに全部または一部従った場合に、ブドウの摂取から24時間いないにIRIS急性腎障害グレード1がみられた。


==訳者コメント===
ブドウの種類や犬種・体格などによる部分もあると思いますので、この結果をそのまま日本にあてはめることはできないと思います。

Schweighauser, Ariane, et al.
"Toxicosis with grapes or raisins causing acute kidney injury and neurological signs in dogs."
 
Journal of Veterinary Internal Medicine.


PubMedリンク PMID:32893916
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:犬のブドウまたはレーズンの中毒によっておこる急性腎障害と神経学的徴候

==アブストラクト===
背景:ブドウまたはレーズンの摂取により、犬の急性腎障害(AKI)が起こることが報告されており、初期の消化器徴候と急速に発症する尿毒症が主となる臨床像を示す。運動失調がいくつかの報告で述べられているが、それ以上の特徴付けは行われていない。

目的:腎臓と神経学的な兆候を主とするブドウ/レーズン中毒と診断された犬の臨床的、検査的、病理学的な特徴を調べ、他の原因による急性腎障害の犬の対照集団と比較すること。

動物:ブドウ/レーズン中毒の家庭医飼育犬15頭と対照犬74頭。

方法:17ヶ月間にわたる回顧的研究。

結果:ブドウ/レーズン中毒の犬はすべて重度の急性腎障害(グレード4;n=5、グレード5;n=10)で来院した。11頭の犬(73%)が、顕著な前脳、小脳、または前庭の徴候を示した。これらの徴候が主であった犬もいたが、高窒素血症の重症度や全身性高血圧症の存在とは関連がなかった。8頭(53%)の犬が生存し、5頭で神経学的徴候が完全に改善した。死因は神経学的徴候と関連していなかった。4頭で神経病理学的検査が行われ、いずれも中枢神経系に構造的な異常はみられなかった。対照犬では2頭(3%)のみで、急性腎障害とは関連のない発作を伴う神経学的徴候がみられ、42頭(57%)が生存した。

結論と臨床的意義
:重度の前脳、小脳、前庭の徴候はブドウ/レーズン中毒の重要な特徴であり、初期の臨床徴候の主をなる可能性がある。記された特徴は、ブドウ/レーズン中毒に特異的な可逆的な機能性脳障害であり、尿毒症とは無関係であることを示唆している。

Noble, Peter-John M., et al.
"Heightened risk of canine chocolate exposure at Christmas and Easter." 
The Veterinary Record181.25 (2017): 684.

PubMedリンク PMID:29263290
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:クリスマスとイースターには犬がチョコレートにさらされるリスクが高まる

==アブストラクトはないので、本文からの抜粋=== 
・イギリスの229の獣医診療所の電子健康記録から情報を収集。
・ 2012年11月から2017年5月の間の270万件中、チョコレートに関する問い合わせが1722件あり、そのうち386件(22%)がチョコレートの暴露に一致した。
・26%がチョコレート摂取後1時間以内に来院し、56%が6時間以内に来院した。
・摂取後の嘔吐が64頭(17%)でみられ、神経徴候(興奮、落ち着きのなさ)は12頭(3%)でみられた。
・心拍数の増加(120bpm以上)は28頭(7.5%)でみられた。 
・チョコレートへの曝露は、非祝祭日に比べてクリスマス(オッズ比 4.74、95%信頼区間3.04-7.40、p<0.001)とイースター
(オッズ比 1.97、95%信頼区間1.36-2.86、p<0.001)でより多くみられた。 

Richardson, Jill A., et al.
"Clinical Syndrome Associated with Zolpidem Ingestion in Dogs: 33 Cases (January 1998‐July 2000)."
 
Journal of veterinary internal medicine 16.2 (2002): 208-210.

PubMedリンク PMID:11899040
本文:無料公開あり(全文

タイトル:犬のゾルピデム摂取に関連した臨床症候群;33症例(1998.1月-2000.7月)

==アブストラクト===
ゾルピデムはイミダゾピリジン類の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であり、ヒトの不眠症の治療に使用されている。ゾルピデムはベンゾジアゼピンオメガ-1受容体に選択的に結合し、クロールチャネルの開口頻度を増加させ、その結果、神経興奮を阻害する。

1998.1月-2000.7月に間にASPCA動物中毒管理センター(APCC)に報告されたゾルピデム摂取に関する
回顧的研を行なった。摂取量、臨床的影響、および徴候発現までの時間についての情報を解析した。ゾルピデム摂取が報告された33頭の犬(年齢 5ヶ月ー16歳齢)が評価された。摂取されたおおよその量は、0.24-21mg/kgであった。臨床徴候には、運動失調(18頭 54.5%)、活動亢進(10頭 30.3%)、嘔吐(7頭 21.2%)および元気消失(4頭 15.2%)があり、パンティング、見当識障害、非特異的な行動障害、唾液分泌過剰がそれぞれ4頭(12.1%)でみられた。その他の徴候には、頻脈、震戦、発声、唾液分泌過剰、虚弱、および知覚過敏が報告された。報告の85%で、臨床徴候は1時間以内に発症し、通常は12時間以内に消失した。

中枢神経系の抑制はヒトでゾルピデムの主な効果として報告されており、それは犬でも予想されるが、この研究で得られた情報からは一部の犬では逆説的に興奮反応を示す可能性について示された。この効果は個々の犬によって異なった。
 

Hansen, S. R., et al.
"Weakness, tremors, and depression associated with macadamia nuts in dogs."
 
Veterinary and human toxicology 42.1 (2000): 18-21.

PubMedリンク PMID:10670081
本文:無料公開なし

タイトル:犬におけるマカダミアナッツに関連した虚弱、震え、および抑うつ

==アブストラクト===
ASPCA国立動物中毒センターは、5年間に犬において市販のマカデミアナッツを摂取した29症例を治療管理した。臨床徴候には、多いものから少ないものまで、虚弱、抑うつ、嘔吐、運動失調、振戦、高体温、腹部痛、跛行、こわばり、横臥、可視粘膜蒼白、がみられた。臨床徴候の発症は、79%の症例で12時間未満だった。臨床徴候の時間は多くの症例で24時間未満だった。 マカデミアナッツの摂取量は、72%の症例で電話で推定され、平均は11.7g/kgであった。

この症候群を再現するために、20g/kgのマカダミアナッツを含む懸濁液を4頭の犬に強制経口投与した。実験的に投与された犬は、虚弱となり、投与後12時間は立ち上がることが出来ず、軽度の中枢神経系の抑制、嘔吐、および高体温(直腸温で最高40.5℃)を呈した。中性脂肪と血清ALPの軽度上昇が検出された。リパーゼ値は、投与後24時間で急激にピークに達し、24時間で正常にもどった。その他の血清生化学と電解質の測定に顕著なものはなかった。血清リポタンパク質電気泳動測定はベースラインから変化はなかった。

この症候群のメカニズムは不明である。実地および実験のすべての犬は、獣医師による治療があろうとなかろうと、1-2日以内に問題なく回復した。
 

Eubig, Paul A., et al.
"Acute renal failure in dogs after the ingestion of grapes or raisins: a retrospective evaluation of 43 dogs (1992–2002)."
 
Journal of veterinary internal medicine 19.5 (2005): 663-674.

PubMedリンク PMID:16231710
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:ブドウまたはレーズンを摂取した後の犬における急性腎不全;43頭の回顧的評価(1992-2002)

==アブストラクト===
アメリカ動物虐待防止協会の動物中毒事故管理センターのAn Toxデータベースからの記録の再調査により、ブドウ、レーズンまたはその両方を摂取したのちに臨床徴候と、血中尿素窒素濃度の上昇、血清クレアチニン濃度の上昇、またはその両方を発症した43頭の犬が同定された。臨床所見、検査所見、組織病理学的所見、行われた治療、および転帰について評価された。すべての犬で嘔吐があり、元気消失、食欲不振、および下痢がその他の一般的な臨床徴候であった。尿量の減少、運動失調、または虚弱は負の予後と関連した。高カルシウム×リン(Ca×P)産物、高リン血症、高カルシウム血症が、これらの値を測定した犬のうち、それぞれ95%、90%、50%で存在した。極めて高い初期総カルシウム濃度、総カルシウム濃度のピーク、初期Ca×P、Ca×Pのピークは、負の予後因子であった。近位尿細管壊死が、病理組織学的な評価を行った犬における一貫的な所見であった。43頭中、53%が生存し、それら23頭中15頭で臨床徴候と高窒素血症が完全に解消した。ブドウとレーズンによる腎障害のメカニズムはいまだ不明であるが、この研究の所見は、犬がブドウまたはレーズンを摂取した後に起こり得る急性腎不全の臨床過程の理解に寄与する。
 

Fitzgerald, Kevin T.
"Lily toxicity in the cat." 
Topics in companion animal medicine 25.4 (2010): 213-217.

PubMedリンク PMID:21147474
本文:無料公開なし

タイトル:猫におけるユリの毒性

==アブストラクト=== 
ユリは一般的に、休日の祝賀会、結婚式、葬儀、そして様々な生け花 に使われる開花の長い観賞用植物である。ユリ属とヘメロカリス属は猫における腎毒性を引き起こすことが示されている。非常に多くの異なる植物がユリと呼ばれるので、混乱が生じている。Convallaria(スズラン)属の仲間は、腎臓を節約する一方で、ジキタリスに似た強力な強心配糖体をもつため、毒性作用をもつ。どんなユリが有毒であるかについてさらに混乱させることは、多くの交雑種が存在するという事実である。一般の大半は、ユリが猫にとって危険である可能性について知らず、事実、飼い主の家にある植物を正確に同定することができない。猫はユリの毒性効果に非常に敏感であることが示されている。わずか2枚の葉もしくは1枚の葉の一部でも死に至ったことがある。植物全体、つまり花びら、おしべ、葉、花粉すべてが有毒であるということを指摘しておくべきである。正確な毒性用量と腎臓障害の原因となる正確な毒素については現在は知られていない。臨床徴候の迅速な発現は、毒素の吸収率速度が早いことを示唆している。腎尿細管上皮は毒素の標的のようである。研究によってユリの水溶性画分に腎毒性があると示されている。猫におけるユリ中毒の臨床徴候には流涎、嘔吐、食欲不振、沈鬱がある。多尿性の腎不全は脱水、無尿性の腎不全に至り、死亡の原因となる。ユリ摂取の分析的な検証は、現在利用できるものはない。治療の成功には無尿性の腎不全に至る前に輸液利尿を開始することが含まれる。一度無尿性の腎不全が発症すると、腹膜透析もしくは血液透析が唯一可能性のある治療となる。ユリ中毒の鑑別診断には、猫における急性腎不全の可能性となるいずれの原因も含まれる。無尿性の腎不全が発現する前に輸液利尿を始めた場合の予後は良好である。一般の人は、家の観賞用植物に毒性がある可能性についてしっていなければならない。

 

Slater, Margaret R., and Sharon Gwaltney-Brant.
"Exposure circumstances and outcomes of 48 households with 57 cats exposed to toxic lily species."
 
Journal of the American Animal Hospital Association 47.6 (2011): 386-390.

PubMedリンク PMID:22058344
本文:無料公開なし

タイトル
; 有毒なユリ種に暴露された57頭の猫のいる48世帯の暴露環境と転帰

==アブストラクト===
猫のユリ種またはヘメロカリス種の摂取は腎不全を引き起こす可能性がある。この研究の目的はユリに暴露された猫の飼い主のユリ毒性の予見を決定し、暴露における経歴、臨床的および転帰に関する情報を得ることである。2009年4月の間に動物毒物管理センター(APCC)に屋内でのユリの暴露について報告された猫の飼い主に関する調査を行なった。 48人の個人(57頭の猫)が含まれた。猫の飼い主の69%がユリを認識しており、27%が猫が暴露される以前にユリの毒性について知っていたと答えた。ほとんどのユリは食料品店や他の店から購入され、飼い主自身もしくは飼い主への贈り物として購入された。ユリの毒性について知らない飼い主は花を猫がアクセスできるところに置いており、一方、毒性を知っている世帯では猫が積極的に花を探し出した。この研究の猫の93%が迅速な獣医学的ケアを受け、87%が徴候がなかったか、短い徴候で解決した。5%は最終的なフォローアップで腎不全の証拠があり、他の5%の猫は腎不全により安楽死された。

Bennett, Alice J., and Erica L. Reineke.
"Outcome following gastrointestinal tract decontamination and intravenous fluid diuresis in cats with known lily ingestion: 25 cases (2001–2010)." 
Journal of the American Veterinary Medical Association 242.8 (2013): 1110-1116.

PubMedリンク PMID:23547675
本文:無料公開なし

タイトル:ユリ摂取が判明した猫における胃腸管除染と静脈輸液利尿の結果:25例(2001-2010)

==アブストラクト===
目的: ユリ属およびヘメロカリス属のユリの植物成分を摂取した後に、胃腸管除染と静脈輸液利尿もしくはその両方で治療された猫の転帰を説明すること。デザイン;回顧的症例シリーズ。

動物:ユリ植物の摂取後に評価された25頭の猫

手順:2001年7月から2010年4月の間に、ペンシルバニア大学のMathew J. Ryan獣医病院で、ユリ摂取が判明した 猫の医療記録を再調査した。この研究への組み入れには、48時間以内のユリ植物の摂取の証拠を必要とした。摂取したユリのタイプ、摂取時間、行われた胃腸管除染の方法、静脈輸液利尿について記録した。急性腎障害の有無は、BUN濃度、クレアチニン濃度、尿比重を評価することで判定した。転帰は生存退院、死亡、安楽死として定義した。

結果
: 摂取からペンシルバニア大学のMathew J. Ryan獣医病院での評価までの時間の範囲は30分以内から48時間であった。19頭の猫が胃腸管除染をうけた(18頭は我々の病院、1頭は紹介元の病院で)。23頭の猫は静脈輸液利尿、支持療法、モニタリングのために入院した。それらの23頭中17頭(74%)の猫は入院期間中、BUNとクレアチニン濃度は正常だった。退院時点で、入院した23頭中2頭(9%)がBUN濃度、クレアチニン濃度もしくはその両方が上昇していた。25頭すべて(100%)の猫は生存して退院した。

結論と臨床的関連
:この症例シリーズでは、ユリの摂取から48時間以内に治療された猫で予後は良好であり、急性腎障害の発生率も低かった。最も効果的な胃腸管除染の手技と静脈輸液の最適な持続時間を決定するためにはさらなる研究が必要である。

↑このページのトップヘ