ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 血管

Williams, Trevor PE, et al.
"Aortic thrombosis in dogs." 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care 27.1 (2017): 9-22.


PubMedリンク PMID:27779821
本文:無料公開なし

タイトル
犬の大動脈血栓症

==アブストラクト==
目的:犬の大動脈血栓症の病因、病態生理、および治療についての情報をレビューすること。

病因:凝固亢進状態をもたらす疾患は、大動脈遠位に血栓形成を起こす可能性があり、犬の大動脈血栓症の原因の大部分を占めるが、かなりの数の症例には特定可能な根底的な原因がない。大動脈血栓塞栓症も発生するが、報告される頻度はかなり少ないようだ。

診断:犬の大動脈血栓症および大動脈血栓塞栓症の徴候は、猫に比べてより多様である。非特異的な臨床徴候のために診断は困難になり得る。確定診断には、血栓の可視化が含まれ、それはしばしば超音波検査によって得られるが、CTなどにの他の画像診断装置が用いられることもある。

治療:犬の大動脈血栓症または大動脈血栓塞栓症の最適な治療は、まだ文書化されていない。常に可能なわけではないが、血栓を促進する併発疾患の治療は、血栓の解消のために重要な側面をもつ。最近の回顧的研究では、長期のワルファリン療法による良い結果を報告しているが、ほかの研究では同様な結果を報告していない。未分画または低分子ヘパリンは、追加の抗凝固薬であり、利用されてきた。血小板阻害治療は、抗凝固治療と組み合わせて考慮すべきである。

予後
:大動脈血栓症または大動脈血栓塞栓症の犬の生存率は、50%から60%の間と報告されている。慢性の臨床徴候のある犬では、急性発症した犬または重度に罹患した犬よりも、予後がよかった。

Rossi, Graham, et al.
"Intervertebral disc disease and aortic thromboembolism are the most common causes of acute paralysis in dogs and cats presenting to an emergency clinic." 
Veterinary Record (2020).

PubMedリンク PMID:32471959
本文:無料公開なし

タイトル:椎間板疾患と救急診療に来院する犬と猫における急性麻痺の最も多い原因である

==アブストラクト=== 
背景 :急性の麻痺は小動物救急診療における一般的な来院理由であるが、病因の有病率は報告されていない。診断頻度の知識は鑑別診断の優先順位に役立ち、資源計画と臨床試験のデザインを容易にする。

方法:ノースカロライナ州動物病院救急室の医療記録を5年間にわたり検索し、急性の歩行不能不全麻痺または麻痺で来院した症例を同定した。シグナルメントと診断カテゴリーを抽出した。

結果:急性の麻痺は、この期間に犬21,535頭中845頭(3.9%)と猫4589頭中66頭(1.4%)でみられた問題であった。椎間板疾患(IVDD)は犬で最も多い原因(608/845;72%)であり、次いで血管疾患(34/845;4.0%) であった。その他の診断カテゴリーは残りの20%を占めた。ダックスフントは最も多い犬種(263/845;31.1%)であり、次がラブラドール・レトリバー(57/845;6.7%)であった。猫では動脈血栓塞栓症(ATE)は最も多い疾患で、66頭中44頭(60.6%)であり、次いで椎間板疾患(7/66;10.6%)であった。その他の診断カテゴリーは30.3%を占めた。犬の845頭中6頭(0.7%)、猫の66頭中2頭 (3%)は、非神経学的診断による偽麻痺であった。

結論
:犬と猫における急性麻痺の原因で椎間板疾患と動脈血栓塞栓症がそれぞれ圧倒的に多く、犬の28%と猫の40%は他の異なる診断であった。 

Palmer, K. G., L. G. King, and TJ Winkle Van.
"Clinical manifestations and associated disease syndromes in dogs with cranial vena cava thrombosis: 17 cases (1989-1996)." 
Journal of the American Veterinary Medical Association 213.2 (1998): 220-224.

PubMedリンク PMID:9676591
本文:無料公開なし

タイトル:前大静脈血栓症のある犬における臨床徴候と関連疾患;17症例(1989-1996)

==アブストラクト=== 
目的:犬の前大静脈血栓症について、シグナルメント、臨床徴候、潜在的な誘発要因、治療および転帰についての特徴を調べること。

デザイン:回顧的研究。

動物:前大静脈血栓症のある犬17頭。

方法:医療記録と剖検記録を再調査し、シグナルメント、血栓形成の潜在的な要因、診断、臨床病理学的所見、治療、および転帰について調べた。

結果:シグナルメントの素因については見出されなかった。10頭は前大静脈症候群を示しており、10頭で胸水がみられた。10頭は呼吸困難であり、5頭は頚静脈の血栓が触知可能であった。素因となる病態として、免疫介在性溶血性貧血の疑いとコルチコステロイドの投与(6頭)、敗血症(6頭)、蛋白漏出性腎症(2頭)、腫瘍(2頭)、および心疾患(1頭)が同定された。中心静脈カテーテルは原因として関連していると考えられた。血小板減少症は最も多く一致した臨床病理所見であり、超音波検査は診断の確定に役立った。 治療は様々だったが、17頭中15頭が血栓の臨床徴候から20日以内に死亡もしくは安楽死となった。 剖検では、血栓はほかの組織にもみつかり、主に右心房、頚静脈、肺動脈でみられた。

 臨床的重要性
:臨床徴候のある前大静脈血栓症の犬の予後は不良である。中心静脈カテーテルは、免疫介在性疾患、敗血症、蛋白漏出性腎症、腫瘍、心疾患などの素因となる疾患のある犬では避けるべきである。
 

Garosi, L., et al.
"Clinical and topographic magnetic resonance characteristics of suspected brain infarction in 40 dogs." 
Journal of veterinary internal medicine 20.2 (2006): 311-321.

PubMedリンク PMID:16594588
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:脳梗塞が疑われる犬40頭の臨床的および部位MRIの特徴

==アブストラクト===
急性発症、非進行性、頭蓋内機能障害の評価で来院し、MRIにより脳梗塞と診断した犬40頭の医療記録を再調査した。脳梗塞の部位は、38頭中、11頭が終脳、8頭が視床/中脳、18頭が小脳、3頭が多巣性であった。終脳の梗塞は、中大脳動脈の領域(4/11)、吻側大脳動脈の領域(2/11)、および線条体動脈領域(5/11)で起こった。視床/中脳の梗塞は、視床の尾側部位および脳幹の吻側部位の穿通動脈の領域で起こった(8/8)。すべての小脳梗塞(18)は吻側小脳動脈もしくはその分枝の領域で起こった。すべての梗塞が非出血性のようであり、
38頭中3頭のみで顕著な造影増強が観察され、それらはずべて神経学的な機能障害の徴候の発症から7日以上たってからの画像であった。拡散強調画像シーケンスは6頭の犬で入手可能であり、すべての画像は神経学的機能障害の徴候の発症から5日以内であった。脳梗塞の疑いは、拡散強調画像シーケンスで高信号であり、ADCマップでは低信号であった。終脳の梗塞は、異常な精神状態、反対側の姿勢反応の障害、反対側の鼻腔の痛覚鈍麻、反対側の威嚇反応の障害、および同側への旋回運動、を引き起こした。視床/中脳の高速は、反対側または同側の姿勢反応の障害、反対側の威嚇反応の障害、同側への斜傾または頭位回旋、眼振、腹外側斜視、および瞳孔不同を引き起こした。小脳梗塞は、同側性非対称性の小脳性運動失調、斜傾、間欠的な後弓反張、眼振、および正常な視覚を伴う同側の威嚇反応の障害、を引き起こした。

 

Gonçalves, Rita, et al.
"Clinical and topographic magnetic resonance imaging characteristics of suspected thalamic infarcts in 16 dogs." 
The Veterinary Journal 188.1 (2011): 39-43.

PubMedリンク PMID:20456988
本文:無料公開なし

タイトル
:視床の脳梗塞が疑われる犬16頭の臨床的および部位MRIの特徴

==アブストラクト===
急性発症で非進行性の脳機能障害の徴候、および視床の脳梗塞に一致するMRIの特徴を有する犬16頭について記述した。部位的にMRIの病変は、3つの視床部位のグループに分けられ、傍正中(8/16)、広範囲背側(5/16)、腹外側(3/16)と呼称した。傍正中の病変は典型的な前庭障害の徴候をもたらした。広範囲背側病変は前庭性運動失調、旋回運動、反対側の威嚇反応の消失、をもたらした。腹外側病変は旋回運動と反対側の固有位置感覚の消失をもたらした。いくつかの犬では、視床以外の領域も影響をうけ、4頭では中脳へ広がり、6頭では(大脳の)内包へと広がり、2頭では小脳に2番目の病変をもっていた。
視床の脳梗塞に関連した3つの臨床的な症候群が確認された。これらの徴候に多少の変動はあるが、それは病変が特定の核の境界に特定されず、視床核の異なる組み合わせを含んだためである可能性が最も高い。

Garosi, L., et al.
"Results of diagnostic investigations and long‐term outcome of 33 dogs with brain infarction (2000–2004)." 
Journal of veterinary internal medicine 19.5 (2005): 725-731.

PubMedリンク PMID:16231718
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:脳梗塞のある犬33頭の診断調査と長期転帰の結果

==アブストラクト=== 
急性発症、非進行性、頭蓋内機能障害で来院し、MRIで脳梗塞と診断された犬33等の医療記録を再調査した。10頭では、脳梗塞が死後検査で確定した。すべての犬で、CBC、血清化学、甲状腺および副腎検査、尿検査、胸腹部画像診断、および脳脊髄液検査を行った。凝固検査と動脈血圧の結果はそれぞれ32/33、28/33で入手できた。画像診断に基づき、梗塞はそのタイプ(領域またはラクナ)と脳の部位(終脳 10/33、視床/中脳 8/33、小脳 15/33)にしたがって分類された。 梗塞のタイプと、患者の年齢、性別、全身性高血圧症の発生、および併発疾患の有無との間に、特別な関係はみられなかった。小型犬(≦15kg)では、領域小脳梗塞を有する可能性が有意に高く、一方、大型犬(>15kg)では下垂体または中脳のラクナ梗塞を有する割合が有意に高かった。脳梗塞のある犬33頭中18頭で併発する病態が検出され、慢性腎臓病(8/33)と副腎皮質機能亢進症(6/33)が最も一般的にみられた。33頭の犬のうち10頭が、神経学的状態の重症度と改善の欠如または併発疾患の重症度により安楽死された。梗塞のタイプまたは部位と、患者の転帰には相関はみられなかった。併発疾患のある犬では、それらがない犬よりも生存期間が有意に短かく、その後の梗塞により神経徴候の再発を起こす可能性が有意に高かった。

Thomsen, Barbara, et al.
"Neurological signs in 23 dogs with suspected rostral cerebellar ischaemic stroke."
 
Acta Veterinaria Scandinavica 58.1 (2015): 40.

PubMedリンク PMID:27267355
本文:無料公開あり(全文

タイトル:吻側小脳の虚血性脳卒中を疑う犬23頭の神経学的徴候

==アブストラクト===
背景:虚血性脳卒中のあるイヌにおいて、梗塞の部位としてとても多いのは小脳である。この研究の目的は、小脳の虚血性脳卒中が疑われる犬における梗塞局所解剖に関連した神経学的徴候の特徴を調べ、入院期間中の短期予後について報告することである。2010-2015年の間に5つ獣医紹介病院で検査され小脳虚血性脳卒中が疑われた犬についての回顧的多施設研究を行った。MRIを含む臨床的、神経学的、paraclinicalな所見を評価した。

結果:23頭の犬(雌13頭、雄10頭、年齢の中央値は8歳8ヶ月齢)が研究に組み入れられた。キャバリアキングチャールズスパニエル(n=9)は一般的な好発犬種であった。虚血性脳卒中のすべては吻側小脳動脈の血管領域に位置し、4つの広範囲閉塞と19の限局性梗塞を含んだ。最も顕著な神経学的障害には、歩様異常(測定過大を伴う運動失調 n=11、測定過大を伴わない運動失調 n=4、歩行不能 n=6)、斜頚(n=13)、眼振(n=8)、威嚇瞬き反応の低下(n=7)、姿勢反応の障害(n=7)、および固有位置感覚の障害(n=5)があった。 梗塞が広範囲または限局に分類されるかどうかに関わらず、神経学的徴候は現れた。すべての犬は生存し、1-10日以内に退院した。

結論
:吻側小脳の虚血性脳卒中に罹患した犬は、特定の小脳梗塞の局所解剖にかかわらず、典型的には運動失調、斜頚、および眼振を特徴とする神経学的障害の集合を示す。これらの神経学的障害の甚急性から急性の発症を示す犬では、小脳の虚血性脳卒中は重要な鑑別診断とみなされるべきであり、神経画像検査的な調査が必要である。来院時にはしばしば重度であるが、短期予後は非常に良好であり、虚血性脳卒中後最初の1週間以内に急速な臨床的な改善がみられる可能性がある。

 

Bélanger, Régine, et al.
"Prevalence of circumcaval ureters and double caudal vena cava in cats." 
American journal of veterinary research 75.1 (2014): 91-95.

PubMedリンク PMID:24370251
本文:無料公開なし

タイトル:猫における後大静脈後尿管(circumcaval ureter)と重複後大静脈の有病率

==アブストラクト===
目的:猫における
後大静脈後尿管と他の後大静脈のバリエーションの有病率を決定し、後大静脈後尿管が肉眼的な尿管閉塞の証拠と関連しているかどうかを判定すること。

対象:アニマルシェルターから得られた301頭の家猫の死体

方法:全ての猫の死体を検査し、尿管および後大静脈の解剖学的なバリエーションを記録した。
後大静脈後尿管を有する死体では、腎臓の長さ、幅、高さを測定し、後大静脈後尿管の猫では尿管閉塞の肉眼的な証拠がないかどうかを判定するために、尿管を肉眼的に調べた。

結果:301頭中106頭(35.2%)で、少なくとも1つ以上の
後大静脈後尿管が存在し、右側の後大静脈後尿管が92頭(30.6%)でみられ、左側の後大静脈後尿管が4頭(1.3%)でみられ、両側の後大静脈後尿管が10頭(3.3%)でみられた。21頭(7.0%)の猫では重複後大静脈があり、そのうち2頭は重複後大静脈だけが同定された解剖学的異常であった。解剖学的異常に対する性差の傾向はなかった。右側の後大静脈後尿管の猫において、右腎臓の長さの平均は、左腎臓の長さの平均よりも有意に長かった。

結論と臨床的関連
:この研究においては、後大静脈後尿管は猫のおよそ1/3で存在した。後大静脈の発達におけるバリエーションは、提示された要因である。このバリエーションの臨床的関連については不明である。 


==訳者コメント===
訳注)
circumcaval ureterは後大静脈後尿管と訳しました。通常の訳は下大静脈後尿管と出てきますが、動物に合わせて後大静脈としました。retrocaval ureter も同義です。

下大静脈後尿管:生まれつき尿管が下大静脈の後方から内側、前方への回って膀胱に入る、まれな病気です。これは静脈系の発生異常で、ふつう右の尿管におこります。
(ヒトの下大静脈後尿管の解説:コトバンクから引用、抜粋) 


下大静脈後尿管
 diagram-circumcaval-ureter
Radiopaediaから引用掲載可能なため図を引用
Case courtesy of Dr Matt Skalski, <a href="https://radiopaedia.org/">Radiopaedia.org</a>. From the case <a href="https://radiopaedia.org/cases/25525">rID: 25525</a>
 

↑このページのトップヘ