ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 筋肉

Gagliardo, Teresa, et al.
"Clinical features of muscle cramp in 14 dogs." 
Journal of Veterinary Internal Medicine (2020).

PubMedリンク PMID:33247617
本文:無料公開あり(全文

タイトル:筋けいれん(筋クランプ)の犬14頭の臨床的特徴

==アブストラクト===
背景:筋けいれん(筋クランプ)は持続する、不随意の、痛みを伴う筋肉の収縮であり、急性発症と短時間という特徴があり、末梢神経の過活動によって起こる。

目的:筋クランプに罹患いた犬の臨床的特陵と診断所見の詳細を述べること。

動物:犬14頭。

方法:多施設間回顧的症例シリーズ。二次診療で働く獣医神経科医に声を欠けてることで症例を集めた。医療記録と動画を検索し、筋クランプを示している犬を検索した。追跡情報は飼い主と紹介もとの獣医師への電話連絡で入手した。

結果
:罹患した肢の数と筋クランプの他の肢への移動の有無にもとづき、3つのパターンの徴候が特定された。14頭中9(64%)で、犬を移動させようとすることで筋クランプが誘発された。8/14頭(58%)では明らかな痛みがあり、6/14頭(42%)は軽度の不快感を示した。筋クランプの原因は11/14頭(79%)で低カルシウム血症であり、9頭が原発性上皮小体機能低下症、1頭が腸のリンパ腫、1頭がタンパク漏出性腸症であった。3/14頭(21%)では原因が特定されず、その3頭全てがジャーマンシェパードであった。

結論と臨床的意義
:筋クランプは3つの臨床パターンのうちの1つで現れる可能性がある。筋クランプは、犬を動くように促したときに誘発され、必ずしも痛みを伴うイベントとして現れるとは限らず、場合によっては不快感だけを示す。この研究における筋クランプの主な原因は、原発性上皮小体機能低下症に起因する低カルシウム血症であった。病因が不明な筋クランプのある犬では、特発性疾患または発作性ジスキネジアを除外することができなかった。

==本文から===
動画1リンク
低カルシウム血症の犬の強い強直性発作

動画2リンク
左前肢のこわばりと外転、右後肢の屈曲、起立不能

動画3リンク
左後肢の筋収縮から右後肢へ移動

動画4リンク
単一の肢の屈曲

Mignan, Thomas, Mike Targett, and Mark Lowrie.
"Classification of myasthenia gravis and congenital myasthenic syndromes in dogs and cats." 
Journal of Veterinary Internal Medicine.

PubMedリンク PMID:32668077
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:犬と猫における重症筋無力症と先天性筋無力症候群の分類

==アブストラクト=== 
 神経筋伝達障害の症候群である筋無力症は、後天性または先天性の病態のいずれかとして起こる。重症筋無力症は、骨格筋の神経筋接合部に対する自己抗体を伴う後天性の自己免疫疾患であるが、先天性筋無力症候群は若齢発症で神経筋接合部に影響を与える遺伝的疾患であり、臨床的に異質である。どちらの病態も、治療と転帰に関しての認識が重要な疾患である。私たちは犬と猫における重症筋無力症と先天性筋無力症候群についての発表された文献をレビューし、ヒトで用いられている公開されている分類を比較することで、犬と猫の
重症筋無力症と先天性筋無力症候群の分類システムを提案する。重症筋無力症はまず最初に、局所性、全身性、または急性劇症型の徴候に基づいて分類される。そして次に、自己免疫疾患の機序か血清反応陰性かでさらに分類される。自己免疫疾患の機序は猫では胸腺腫の有無、またはチオウレリン薬の投与と関連する。先天性筋無力症候群は、罹患した神経筋接合部の構成、神経筋伝達の欠損の機序、罹患した蛋白、および最終的には原因となる変異した遺伝子によって分類される。重症筋無力症と先天性筋無力症候群のこの分類の提案で、私たちはこれらの病態の疾患グループの認識を支援し、治療を導き、予後を改善し、さらなる研究のためのフレームワークを提供することを望んでいる。
 

Malik, Richard, et al.
"Periodic hypokalaemic polymyopathy in Burmese and closely related cats: a review including the latest genetic data."
 
Journal of feline medicine and surgery 17.5 (2015): 417-426.

PubMedリンク PMID:25896241
本文:googlescholar経由で入手可能(全文

タイトル:バーミーズとその近縁猫における周期的な低カリウム血症性多発性筋障害;最近の遺伝子データを含むレビュー

==アブストラクト=== 
世界的な重要性
:低カリウム性多発性筋症はバーミーズ猫の遺伝性疾患であり、オーストラリア、ヨーロッパ、南アフリカで遭遇する。

臨床的特徴
:罹患した猫は通常、生後1年で筋虚弱と筋肉痛の徴候を示す。頭頚部の屈曲などの特定の臨床的特徴は特に特徴的ではあるが、これらの徴候を示さない猫もいる。通常、虚弱は周期的または一時的なものであるが、持続的なこともある。

診断上の課題
:過去には、臨床徴候と血清カリウム濃度の低下が常に同期してみられるわけではないという点で、診断に問題があった。これには、血清カリウムの連続測定の決定、血清クレアチニンキナーゼ活性の測定、 および猫で可能性のある他の筋肉疾患(筋ジストロフィー、トキソプラズマ性筋炎、免疫介在性多発性筋炎、有機リン中毒、および毒物注入、を含む)の除外が必要となる。罹患した猫の徴候は、食事要因やストレスの変化に応じてしばしば増大したり弱まったりし、中には病態から明らかに脱却する猫もいる。

最近の進歩と将来の展望
最近の分子遺伝学の研究により、主に遠位ネフロンに存在する酵素であるリジン欠損4プロテインキナーゼをコードする遺伝子(WNK4)に単一のナンセンス変異が同定された。したがって、この猫の酵素は腎臓の複雑なナトリウム/カリウム交換メカニズムに関与しているため、罹患猫の根底にある病態はカリウム消費性腎症である可能性が高い。血清カリウム濃度がどのように、なぜ、いつ低下するかを正確に定義するには、病態についてさらなる機能的特徴の調査が必要である。バーミーズの低カリウム血症の診断は容易であり、安価なPCR検査によって、ホモ接合体の罹患個体とキャリアの個体を同定することができる。バーミーズの品種と、その血統を注入されたボンベイ、トンキニーズ、ティファニーなどの品種から、この病態を排除することが可能である。


 

Wray, J. D., and A. H. Sparkes.
"Use of radiographic measurements in distinguishing myasthenia gravis from other causes of canine megaoesophagus." 
Journal of small animal practice 47.5 (2006): 256-263.

PubMedリンク PMID:16674720
本文:無料公開なし

タイトル:重症筋無力症と犬の巨大食道症のその他の原因の鑑別におけるレントゲンでの測定の利用

==アブストラクト===
目的:重症筋無力症による巨大食道症の犬は、その他の原因による巨大食道症の犬よりもレントゲンでの食道拡張が少ないかどうかを評価すること。

方法:アセチルコリンレセプター抗体の力価がわかっている巨大食道症の犬66頭の胸部レントゲンを回顧的に分析した。食道径の最大を、胸郭入り口の径との比を用いた”相対的食道径”に変換した。犬は、抗体の状態により重症筋無力症と非重症筋無力症の2群に分けられ、群間で相対的食道径の中央値と年齢、体重、および性別を比較した。受信者操作特性プロットを用いて、適正な相対的食道径のカットオフ値について評価した。 

結果:20頭が重症筋無力症と診断され、46頭が別の原因の巨大食道症と診断された。胸郭サイズは体重および体表面積と有意に相関した(r(2)=0.627、0.669)。相対的食道径の中央値は、重症筋無力症群で0.58、非重症筋無力症群で0.66であり、これらは小さいながらも有意な差であったが(p=0.029)、両群の相対的食道径の範囲には完全な重複があった。相対的食道径と性別、年齢、体重との間に有意な関連はなく、両郡で年齢、性別、体重に有意な差はなかった。ゴールデン・レトリバーとジャーマン・シェパードでは重症筋無力症が存在するオッズ比が高かった。

臨床的意義
:相対的食道径は、重症筋無力症による巨大食道症とその他の原因による巨大食道症との鑑別において、診断有用性は限られているようだ。

 

Evans, Jason, Donald Levesque, and G. Diane Shelton.
"Canine inflammatory myopathies: a clinicopathologic review of 200 cases."
 
Journal of veterinary internal medicine 18.5 (2004): 679-691.

PubMedリンク PMID:15515585
本文:無料公開あり(全文

タイトル:犬の炎症性筋疾患;200症例の臨床病理学的レビュー
 
==アブストラクト===
サンディエゴ、カルフォルニア大学、比較神経筋ラボラトリーで筋生検による診断をうけた犬の中から、炎症性筋疾患の200症例をランダムに選択肢、回顧的研究を行なった。炎症性筋疾患と診断された犬において最も多かった臨床徴候は、全身の虚弱、こわばった歩様、嚥下障害、咀嚼または全身性の筋萎縮、開口障害、巨大食道症、発声障害があった。筋肉痛はほとんどみられなかった。発症年齢は0.25-14歳であった。性別の好発は同等であった。品種の分布は、ボクサーとニューファンドランドの明らかな例外を除いて、2002年のアメリカケンネルクラブの登録統計に近似していた(r=0.85)。筋生検の結果、臨床徴候、およびtype2Mファイバーに対する抗体の有無の結果から、全身性炎症性筋症(gIM)(免疫介在多発性筋炎、感染性および前がん性の筋炎、まれに皮膚筋炎様または重複症候群または未分類の筋炎、を含む)、もしくは局所性炎症性筋症(fIM)(咀嚼筋筋炎または外眼筋筋炎を含む)に分類された。クレアチニンキナーゼ(CK)とアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)濃度の平均は、局所性炎症性筋症の犬よりも全身性炎症性筋症の犬で有意に高かった(p<0.05)。200頭中12頭で、多発性筋炎の診断から12ヶ月以内に腫瘍を発症し、32頭のボクサーのうち6頭でリンパ腫が診断された。ネオスポラ・カニナム(Neospora caninum)とヘパトゾーン・アメリカナム(Hapatozoon americanum)のシストが2頭の犬の組織で検出されたが、血清的には検出されなかった。未同定の筋細胞抗原に対する抗体は、多発性筋炎のあるニューファンドランド19頭中9頭で検出された。犬の炎症性筋症のスペクトラムは広い可能性があり、感染性の病因は比較的一般的であり、前がん性や未特定の症候群を含む可能性がある。
 

↑このページのトップヘ