ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

カテゴリ: 運動障害

Gagliardo, Teresa, et al.
"Clinical features of muscle cramp in 14 dogs." 
Journal of Veterinary Internal Medicine (2020).

PubMedリンク PMID:33247617
本文:無料公開あり(全文

タイトル:筋けいれん(筋クランプ)の犬14頭の臨床的特徴

==アブストラクト===
背景:筋けいれん(筋クランプ)は持続する、不随意の、痛みを伴う筋肉の収縮であり、急性発症と短時間という特徴があり、末梢神経の過活動によって起こる。

目的:筋クランプに罹患いた犬の臨床的特陵と診断所見の詳細を述べること。

動物:犬14頭。

方法:多施設間回顧的症例シリーズ。二次診療で働く獣医神経科医に声を欠けてることで症例を集めた。医療記録と動画を検索し、筋クランプを示している犬を検索した。追跡情報は飼い主と紹介もとの獣医師への電話連絡で入手した。

結果
:罹患した肢の数と筋クランプの他の肢への移動の有無にもとづき、3つのパターンの徴候が特定された。14頭中9(64%)で、犬を移動させようとすることで筋クランプが誘発された。8/14頭(58%)では明らかな痛みがあり、6/14頭(42%)は軽度の不快感を示した。筋クランプの原因は11/14頭(79%)で低カルシウム血症であり、9頭が原発性上皮小体機能低下症、1頭が腸のリンパ腫、1頭がタンパク漏出性腸症であった。3/14頭(21%)では原因が特定されず、その3頭全てがジャーマンシェパードであった。

結論と臨床的意義
:筋クランプは3つの臨床パターンのうちの1つで現れる可能性がある。筋クランプは、犬を動くように促したときに誘発され、必ずしも痛みを伴うイベントとして現れるとは限らず、場合によっては不快感だけを示す。この研究における筋クランプの主な原因は、原発性上皮小体機能低下症に起因する低カルシウム血症であった。病因が不明な筋クランプのある犬では、特発性疾患または発作性ジスキネジアを除外することができなかった。

==本文から===
動画1リンク
低カルシウム血症の犬の強い強直性発作

動画2リンク
左前肢のこわばりと外転、右後肢の屈曲、起立不能

動画3リンク
左後肢の筋収縮から右後肢へ移動

動画4リンク
単一の肢の屈曲

Polidoro, Dakir, et al.
"Phenotypic characterization of paroxysmal dyskinesia in Maltese dogs." 
Journal of Veterinary Internal Medicine (2020).

PubMedリンク PMID:32415795
本文:無料公開あり(全文

タイトル:マルチーズ犬の発作性ジスキネジアの表現型の特徴

==アブストラクト=== 
背景
:発作性ジスキネジアは意識の変化を伴わない不随意性の異常な過収縮運動を特徴とする中枢神経系の全身性疾患であり、犬での認知が広がっている。

目的
:マルチーズで観察された発作性ジスキネジアの表現型の特徴、治療、および転帰について示すこと。

動物
:発作性ジスキネジアと推定診断された家庭飼育のマルチーズ(n=19)。

方法:医療記録(2014-2019)からデータを回顧的に収集し、追加の情報は罹患犬の飼い主へ直接アンケートをとることで前向きに追補した。

結果
:エピソードの特徴は主に、1肢以上の突発的なジストニアと意識のある全身性の振戦であった。臨床的な発症年齢の平均は5.4歳齢であった。エピソードの頻度は、個体内および個体間で大きく変動した。エピソードの時間の中央値は4.5分であった。多くのエピソードが、ストレスまたは運動によって誘発された。アセタゾラミドが6頭に投与され、4頭はエピソードの頻度が減少した。グルテンフリー食を与えられた犬7頭のうち、6頭はエピソードがなくなった。4頭の犬ではエピソードが自然になくなり、2頭は薬や特定の食事を与えられず、エピソードは同じ頻度で持続した。

結論と臨床的意義
:品種素因と地域分布を考えると、根本的な遺伝的原因の解明に焦点を当てるべきであり、そうすることで犬だけではなくヒトにおいても、この疾患の病態生理と治療の両方が進む可能性がある。選択した治療プロトコルに関わらず、予後は中程度から良好である。
 

Schubert, T. A., R. M. Chidester, and C. L. Chrisman.
"Clinical characteristics, management and long‐term outcome of suspected rapid eye movement sleep behaviour disorder in 14 dogs." 
Journal of Small Animal Practice 52.2 (2011): 93-100.

PubMedリンク PMID:21265848
本文:無料公開なし

タイトル:急速眼球性運動睡眠行動障害の臨床的特徴、治療、およい長期予後;犬14頭

==アブストラクト=== 
目的:急速眼球運動性睡眠行動障害が疑われる犬における臨床的特徴、治療、および長期予後について記述すること。

方法:急速眼球運動性睡眠行動障害が疑われる犬14頭の医療記録とビデオ録画を再調査し、飼い主に電話またはメールでその後の情報について連絡をとった。

結果:臨床徴候には睡眠中の、激しい肢の動き、 遠吠え、吠える、うなり声、咀嚼、または噛みつき、などのエピソードがみられた。それらは夜および昼寝中に起こった。発症年齢の範囲は8週齢から7.5歳齢であり、中央値は6歳齢であったが、64%の犬は1歳齢以下であった。性別または品種の好発はみられなかった。急速眼球運動性睡眠行動障害は、臭化カリウム40mg/kg/day経口投与で治療された犬の78%で、重症度と頻度が減少した。1頭の犬が、重症であったために徴候発症から3ヶ月以内に安楽死された。生存した13頭における障害の期間の範囲は、1.5年-9年であった。自然に改善した犬はいなかった。

臨床的意義
:急速眼球運動性睡眠行動障害は、ヒトと同様に犬でも発生することが疑われる。それは飼い主の心配を引き起こし、家庭環境を混乱させる。ヒトとは異なり、犬の急速眼球運動性睡眠行動障害はしばしば若齢時に発症する。
 

スイミングパピー症候群/スイマー症候群についてはまとまった報告がないので、症例報告を集めてみました。

1)
ミニチュアシュナウザーのスイマー症候群の在宅治療
2)
スイミングパピー症候群の臨床的管理の犬1例
3)
ラブラドールの仔犬2頭のスイミング症候群
4)デボンレックスの子猫とイングリッシュブルドッグの子犬のスイマー症候群
5)猫のスイマーパピー症候群
6)同腹仔全体がスイマー症候群に罹患した仔猫


1)
タイトルミニチュアシュナウザーのスイマー症候群の在宅治療
Kim, Sun-A., et al. 
"Home-care treatment of swimmer syndrome in a miniature schnauzer dog."
 
The Canadian Veterinary Journal54.9 (2013): 869. 
PubMedリンク PMID:24155492  本文:無料公開あり(全文

==アブストラクト=== 
50日齢の雌のミニチュアシュナウザーが起立不能、胸部の背腹扁平化、後肢筋肉の低形成、後肢関節の拘縮、パドリング状の肢の動き、およびパンティングのために来院した。その犬はスイマー症候群と診断された。集中的な理学療法とともに環境管理、栄養管理を含む在宅治療を40日間行い、完全に回復した。

2)
タイトル:スイミングパピー症候群の臨床的管理の犬1例
Vijayakumar, G., A. P. Nambi, and S. Prathaban.
"Clinical management of swimmer puppy syndrome in a dog." 
Intas Polivet 13.2 (2012): 321-323. 
PMID:なし 本文:無料公開あり(全文
==アブストラクト=== 
20日齢の雄のラプラドールレトリバーで、前肢が外側に巻かれ、後肢が広がった、スイミングパピー症候群 が観察された。綿の詰めものと包帯によって、病態は良好に治療された。子犬は滑りにくい粗い表面に置かれ、他の子犬と遊ぶことによって運動が促された。治療開始後12日までに、正常な子犬のような歩行が可能となった。

3)
ラブラドールの仔犬2頭のスイミング症候群
Yardimci, Cenk, et al.
"Swimming syndrome in two Labrador puppies." 
Kafkas Universitesi Veteriner Fakultesi Dergisi 15.4 (2009): 637-640. 
PMID:なし 本文:無料公開あり(全文
==アブストラクト=== 
 スイミングパピー症候群は、後肢と時には前肢もが側方に広がってしまう、新生児犬で観察されるまれな発達異常である。罹患した動物はしばしば、歩行しようとする時にうつぶせでスイマーのような動きをし、それは滑らかな床でより顕著になる。この症候群の原因は不明であるが、文書化されていない様々な理論が定式化している。
25日齢のラブラドールレトリバーの同腹仔2頭がこの研究の対象である。臨床的に、立ったり動き回ったりすることができず、肢が広がり、うつぶせで泳ぐような運動をし、肢の内転ができないことが観察された。神経学的検査は正常と判断された。両症例で両側の外側膝蓋骨脱臼が観察された。治療を始める前に、暑さ3cmの柔らかい敷物をケージの床に敷いた。治療過程で、両後肢の理学療法が開始され、1回5分、1日3回行われた。膝関節と股関節の穏やかな受動的な屈曲、伸展、内転を行なった。治療過程の6週間の最後に、両症例ともに肢の機能的活動が観察された。結果として、過去の研究で述べられているとおり、治療過程6週間の終わりには他の同腹仔と同じように歩けるようになり、漏斗胸の併発もなく予後は良好と結論づけた。 

4)
デボンレックスの子猫とイングリッシュブルドッグの子犬のスイマー症候群
Verhoeven, Geert, et al.
"Swimmer syndrome in a Devon rex kitten and an English bulldog puppy." 
Journal of small animal practice 47.10 (2006): 615-619.
PubMedリンク PMID:17004956  本文:無料公開なし

==アブストラクト=== 
3週齢のデボンレックスの仔猫と4週齢のイングリッシュブルドッグの仔犬が“スイマー症候群”で来院した。飼い主は何人かの獣医師に相談し、この病態の解決のためのゆちの方法として安楽死を提案された。仔犬には理学療法を行い、子猫には理学療法と包帯を行い、臨床徴候が解消され、数週間後には通常の歩行ができるようになった。集中的な理学療法と飼い主の献身により成功が導かれる可能性があると結論づける。 

5)猫のスイマーパピー症候群
Gomes, L. C. V. M., et al.
"Swimming puppy syndrome in cats." 
Acta Scientiae Veterinariae 43.1 (2015): 109.
PMID:なし 本文:無料公開あり(全文
==アブストラクト===
 背景:スイマーパピー症候群は、異常な仔犬の発育として特徴付けられており、猫ではまれであり、生後2-3週齢の間によくみられる。この症候群に罹患した仔犬は、後肢と時に前肢の歩行困難、外転、不全麻痺がみられる。推奨される治療には、滑らない床と柔らかい表面で、罹患した肢のまわりを包帯で巻き、理学療法を行うことが含まれる。この報告では、猫の同腹仔全体で起こったスイマーパピー症候群について報告し、この疾患の知恵用のタイプについての議論を強調する。
症例 :11日齢の仔猫たち(品種不明)が、運動障害で獣医病院に紹介された。仔猫の母猫は道路で見つかった。臨床検査では、仔猫はずっと
胸骨臥位のままで、後肢は伸展して側方に広がっている異常のみが観察された。検査のあと、 生後3週間での再評価をすることとした。25日齢では、胸骨臥位の重症度は軽減しているようだった。しかし、後肢は進展して外側尾側へ広がったままであり、 動き回るときに水泳に似た回転運動をしていた。胸部と骨盤のレントゲンでは、正常な骨密度と、骨関節の発達がみられた。臨床所見と病歴をもとにスイマーパピー症候群と診断された。治療として、後肢の足根部をバンド状の包帯で固定し、解剖学的位置に内転させた。包帯は、1日3回交換し、足根部に粘着テープとマスキングテープで固定された長方形の布を用いた。仔猫たちが1日の大半を過ごす部屋の床は、柔らかくて滑らないマットで覆った。仔猫たちは、1日1回10分間、粗いセメントの床を歩くよういも促された。包帯は40日齢まで15日間施され、仔猫たちは典型的な四足歩行の姿勢をとり、どんな床でも正常に歩けるようになった。
考察:猫では、スイマーパピー 症候群はまれであり、報告も少なく、1頭での罹患がしばしば観察される。しかし、今回の症例では同腹仔全体が罹患しており、遺伝的病因の可能性が強調された。早期診断とそれに続く治療が、治療とリハビリの成功に重要な要素であった。包帯により、仔猫は解剖学的および生理学的位置に肢を維持したまま、動き、身体運動と肢の屈曲、四肢強調の活性化を可能にした。様々な床が、皮膚病変の発症を防ぎ、歩行のための異なる衝撃力を生み出し、強度と筋緊張を増加させるために用いられた。これらの所見に基づくと、猫ではまれであるが、スイマーパピー 症候群は仔猫の時期の最初の数日間に診断することができ、適切な包帯(材料と形状)治療と、柔らかく滑らない表面、モニタリングによって、罹患した肢の完全なリハビリテーションが期待可能となる。 

6)
同腹仔全体がスイマー症候群に罹患した仔猫
Cardilli, D. J., et al. 
"Swimmer syndrome affecting an entire litter of kittens." 
Arquivo Brasileiro de Medicina Veterinária e Zootecnia 65.3 (2013): 705-709.
PMID:なし 本文:無料公開あり(全文
==アブストラクト===
スイマー症候群は、歩行および動き回る能力の遅れを特徴とする発達異常であり、15-20日齢の新生児でみられる。これらの動物は、常に寛骨大腿骨の明らかな外転を示し、後肢を側方尾側への動かす。
この症例報告では、スイマー症候群の雑種仔猫の同腹仔3頭(26日齢)について報告する。それぞれの動物は、理学療法と、後肢を曲げて体に近づけたままにする足枷包帯によって治療された。7日後には、すべての動物が正常な歩行を示し、この治療法が仔猫に対して治癒的な効果を持つことが示された。
 

Nganvongpanit, Korakot, and Terdsak Yano.
"Prevalence of swimming puppy syndrome in 2,443 puppies during the years 2006–2012 in Thailand." 
Veterinary medicine international 2013 (2013).

PubMedリンク PMID:23819102
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:タイにおける2006-2012年の間の2443頭の仔犬におけるスイミングパピー症候群の有病率

==アブストラクト=== 
この研究の目的は、スイミングパピー症候群の有病率を報告し、その素因について調べることである。タイで、2006年10月から2012月11月の間の仔犬2443頭(雄1183頭、雌1260頭)による情報を記録し、犬種、性別、同腹仔の数、巣の床のタイプ、罹患した肢の数、漏斗胸の併発、について調べた。52頭(2.13%)の仔犬がスイミングパピー症候群と診断さた。もっとも罹患の頻度が多かった犬種はイングリッシュブルドッグ(8.33%)であった。性別による疾患の有無の差はなかった。同腹仔の数が少ない(1.92±1.12)仔犬の方が、数が多い(3.64±2.24)仔犬よりも、有病率が高かった(p<0.01)。 さらに罹患した肢のある犬の15.38%(8/52)で漏斗胸の徴候がみられ、この臨床徴候はスイミングパピー症候群で四肢全てが罹患した犬でより多かった(p<0.01)。

Lowrie, Mark, and Laurent Garosi.
"Classification of involuntary movements in dogs: Tremors and twitches." 
The veterinary journal 214 (2016): 109-116.

PubMedリンク PMID:27387736
本文:無料公開なし

タイトル
:犬の不随意運動の分類:振戦とひきつり

==アブストラクト===
このレビューでは、犬の不随意運動の分野における重要な新しい所見に焦点をあて、振戦とひきつり(けいれん)の診断に対する明確な分類ツールの開発の重要性について示す。過去10年間の開発は不随意運動についてのわれわれの理解を変え、現在の振戦の分類についていくつかの抗議を強調している。振戦の現象論と振戦の病院論の間の曖昧な関連を考えると、臨床的な評価をもとにしたより慎重な振戦の定義が必要だ。振戦の特徴付けに対するアルゴリズムをここでは提示した。振戦の分類は、安静時に起こる振戦と活動に関連して起こる振戦との区別に基づいた;活動に関連した振戦は姿勢性と運動性に分けた。議論のある話題について概説し、答えの出ていない未解決の問題について、査読のある公表文献をもとにした根拠を反映させた。末梢神経の過剰興奮性は(cramp(クランプ・けいれん)とtwitch(ひきつり))は、
線維束性攣縮、ミオキニア、神経ミオトニー、クランプ 、テタニー、テタヌス(強縮)としての兆候であるかもしれない。不随意運動の病因と発症機序について学ぶにつれ、分類について将来修正が必要になることが予想される。したがって、議論を刺激し、不随意運動の調査の発展に寄与することがこの研究の目的である。

↑このページのトップヘ