ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

タグ:オメプラゾール

Gaier, Ann, et al.
"A prospective, randomized, masked, placebo‐controlled crossover study for the effect of 10 mg omeprazole capsules on gastric pH in healthy dogs."
 
Journal of Veterinary Internal Medicine (2021).


PubMedリンク PMID:33586200
本文:無料公開あり(全文

タイトル:健康な犬におけるオメプラゾール10mgカプセルが胃内pHに与える影響についての前向きランダム化盲検プラセボ対照クロスオーバー研究

==アブストラクト===
背景:腸溶性オメプラゾールカプセルは、犬の胃酸抑制としてよく用いられている。しかし、犬の臨床的使用としてのこの製剤の有効性については検証されていない。

仮説/目的:犬の胃のpHを上昇させるためにFDAで承認をうけているオメプラゾールカプセル10mgの傾向投与の有効性を評価すること。カプセル化されたオメプラゾールはプラセボと比較して胃pHを有意に上昇させ、ヒトから推定された食道炎と十二指腸潰瘍のための目標pHに到達すると仮定した。

動物:健康な研究犬6頭。

方法:ランダム化盲検双方向クロスオーバー試験。犬にはオメプラゾール0.5-1.0mg/kgまたはプラセボ(空のゼラチンカプセル)を、1日2回、5日間経口投与した。胃内pHは治療の2日目から5日目まで記録した。平均pHと胃内pHが≧3または≧4となる時間の割合の平均を、それぞれの治療群間および治療群内で比較した。

結果
:オメプラゾールで治療された犬は、プラセボで治療された犬に比べて、pH≧3となる時間割合の平均±標準偏差(91.1%±11.0 vs 19.7±15.5)およびpH≧4(86.9%±13.7 vs 28.7±20.7)、pHの平均±標準偏差(5.4±0.8 vs 2.4±1.0)が有意に高かった(すべてp<0.001)。

結論と臨床的意義
:この研究で評価された10mg腸溶性オメプラゾールカプセルの経口投与は、健康な犬の胃酸抑制に効果的であった。

Lynch, Alex M., et al.
"The influence of feeding and gastroprotectant medications on the Factor Xa inhibitory activity of orally administered rivaroxaban in normal dogs."
 
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care (2020).


PubMedリンク PMID:33107158
本文:無料公開なし

タイトル:正常な犬においてリバロキサバンの経口投与による第Xa因子阻害活性に対する摂食と胃保護薬の影響

==アブストラクト===
目的:リバロキサバンは犬における新たな抗凝固薬の選択肢であるが、報告されている経口投与の生体利用率は60%と低い。この研究の目的は、健康な犬において食事と胃保護薬がリバロキサバンの生物活性(抗Xa因子活性)に与える影響を調べることである。

デザイン:前向き実験研究。

施設:大学の研究所。

動物:目的飼育の健康な中性化雄のビーグル5頭。

介入
:犬にリバロキサバン1.8mg/kg(範囲 1.6-1.8)を1日1回、2日間連続で投与し、(1)食事なし、(2)食事あり、(3)リバロキサバン投与30分前にスクラルファート、(4)リバロキサバン投与と同時にオメプラゾール、を一緒に行った。事前に設置した頚静脈カテーテルから、リバロキサバン投与直前と投与後の6時点(2,4,8,24,36,48時間後)で採血を行った。リバロキサバンで較正した抗Xa活性アッセイを用いて抗凝固効果をモニターした。

方法と主な結果
:リバロキサバンの投与は抗Xa活性アッセイを有意に増加させ(p=0.02)、各試験群で投与後2-4時間で活性のピークがみられた。他のすべての治療群と比較して、食事なしでは36時間後の抗Xa活性アッセイの有意な増加と関連し、スクラルファート投与群と比べて48時間後の抗Xa活性アッセイは食事によって高くなった。食事や胃保護薬の投与に関して、抗Xa活性アッセイの有意な変化は他ではみられなかった。

結論と臨床的意義
:食事なしの投与では、投与後36時間後の抗Xa活性アッセイで明らかな高値を示したが、治療群間の臨床的に関連する差は、どの時点の組み合わせの解析でも同定されなかった。結果に基づくと、リバロキサバンで治療される犬では、食事習慣や胃保護薬の投与に関して特別に変更する必要はない。

↑このページのトップヘ