ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

タグ:化学療法

Fournier, Quentin, et al.
"Chemotherapy‐induced diarrhoea in dogs and its management with smectite: Results of a monocentric open‐label randomized clinical trial." 
Veterinary and Comparative Oncology 19.1 (2021): 25-33.


PubMedリンク PMID:
32562450
本文:googlescholar経由で入手可能(全文

タイトル
:犬における化学療法誘発性下痢とスメクタイトによるその治療;単一施設非盲検ランダム化臨床試験の結果

==アブストラクト===
化学療法誘発性下痢は犬で頻繁にみられる化学療法有害事象である。しかし、その管理についてのコンセンサスは今のところまだない。スメクタイト天然の医療用粘土であり、ヒトでは急性下痢の治療で幅広く用いられている。この研究の目的は、犬の化学療法誘発性下痢の治療におけるスメクタイトの有用性を評価し、化学療法誘発性下痢に関する疫学データを収集することである。

下痢の各エピソードに対して、犬は以下の2つの治療グループにランダムに分けられた;スメクタイト群では、化学療法誘発性下痢の始まり時からスメクタイト0.5g/kg/日を2回に分けて経口投与し、対照群では最初の治療薬はなしとした。両群で、化学療法誘発性下痢が進行または48時間以内に改善しない場合に、レスキューのメトロニダゾールの処方を行った。2017年7月から2019年3月までに、60頭の犬が登録され、426回の化学療法の投与が行われた。

化学療法誘発性下痢の発生率は110/426回(25.8%;95%信頼区間21.7-30.2%)であり、投与された化学療法剤によって有意な差があった(P<0.001)。メトロニダゾールの投与は、スメクタイト群の5/54イベント(9.3%;3.1-20.3%)で行われ、対照群の40/56イベント(71.4%:57.5-82.3%)で行われた(p<0.001)。下痢が治るまでの時間は、対照群(中央値 53時間;四分位範囲 31.5-113.5)よりもスメクタイト群(19.5時間;13.5-32)で短かった(p<0.001)。

この研究の結果は、犬の化学療法誘発性下痢の第一選択治療としてのスメクタイトの投与を支持するものである。

Benjamin, Sarah E., et al.
"Response‐based modification of CHOP chemotherapy for canine B‐cell lymphoma."
 
Veterinary and Comparative Oncology (2021).


PubMedリンク PMID:33729654
本文:無料公開なし

タイトル
:犬のB細胞性リンパ腫に対するCHOP化学療法の反応ベース修正

==アブストラクト===
最初の反応率が高いにも関わらず、B細胞性リンパ腫の犬ではCHOPベースの化学療法に対してあまり強く反応せず、生存期間が短くなる。

リンパ節性B細胞性リンパ腫の犬104頭を、最初の化学療法のサイクル中の個々の薬剤への反応に基づいて修正した反応ベースCHOP(response-based CHOP;RBCHOP)プロトコルで治療した。ビンクリスチンとサイクロフォスファマイドの治療後に、3週間で完全寛解(CR)と部分寛解(PR)を達成した犬では、ビンクリスチン、サイクロフォスファマイド、ドキソルビシンを順次投与するRBCHOP1プロトコル(n=72)をうけた。3週間で検出される反応が得られず、その後のドキソルビシンの治療後ににCRまたPRを達成した犬は、ドキソルビシンが4回連続で投与され、その後にビンクリスチンとサイクロフォスファマイドが投与されるRBCHOP2プロトコル(n=14)をうけた。3週間で反応が得られず、ドキソルビシンを投与して5週間でも反応が得られなかった犬は、レスキュープロトコルに移行した(RBCHOP3、n=18)。無進行生存期間(PFS)と全体生存の中央値(OST)の中央値は、RBCHOP1(PFS 210日、OST 354日)とRBCHOP(PFS 220日、OST 456日)で類似していたが、RBCHOP3(PFS 34日、OST 80.5日)では有意に短かった(p<0.001)。患者集団でシグナルメントや血液学的項目に差はなかったが、RBCHOP2とRBCHOP3の犬では診断時にリンパ球増多症がより多かった(P=0.02、0.04)。

最初の治療サイクルの反応をもとに修正したプロトコルでは、過去に報告されたCHOPプロトコルの亜型と類似した毒性と転帰の結果となり、最初の治療サイクルでの反応がない犬の予後は依然として不良である。

Duckett, Margaret E., et al.
"Fasting reduces the incidence of vincristine‐associated adverse events in dogs." 
Veterinary and Comparative Oncology (2020).


PubMedリンク PMID:33448618
本文:無料公開なし

タイトル:絶食は犬のビンクリスチン関連の有害事象の発生を減らす

==アブストラクト===
絶食は、一部にはインスリン様成長因子(IGF-1)の減少により、化学療法関連の有害事象を減らすことが示されており、マウスとヒトでは化学療法中の正常細胞への保護効果を導く可能性が示されている。この研究の目的は、ビンクリスチンの投与をうけた犬において、絶食が体質、骨髄有害事象、消化管有害事象、血清グルコースレベル、血清インスリンレベルに与える影響を調べることである。

この研究は、腫瘍のある犬における前向きクロスオーバー臨床試験である。犬は、1回目または2回目のビンクリスチン投与時に投与前24-28時間の絶食と投与後6時間の絶食とし、もう一方の投与では通常通りに食事を与えた。絶食をした場合の犬では、吐き気、食欲低下、元気消失、および血清インスリンの有意な低下がみられたが、その他の消化器徴候、好中球数、血清グルコース、IFF-1では有意な差はなかった。

腫瘍のある犬において、ビンクリスチン投与前の絶食は、体調や消化器の有害事象を和らげるための安全で有効な方法である。

Alexander, C. K., et al.
"The addition of metronomic chemotherapy does not improve outcome for canine splenic haemangiosarcoma."
 
Journal of Small Animal Practice 60.1 (2019): 32-37.

PubMedリンク PMID:30209807
本文:無料公開あり(全文

タイトル:追加のメトロノミック化学療法は、犬の脾臓血管肉腫の転帰を改善しない

==アブストラクト===
目的:追加のメトロのミック化学療法が、脾臓摘出と補助的な最大耐量の化学学療法を受けた犬の予後を改善するかどうかを検証すること。

方法
:脾臓の血管肉腫で脾臓摘出とその後のアントラサイクリンをもとにした化学療法をうけた犬について、医療記録を回顧的に調べた。
39頭の犬が脾臓摘出をうけ、その後にアントラサイクリン、シクロスポリン、またはその両方による最大耐量の化学療法を行なった(グループ1)。
22頭の犬が
脾臓摘出をうけ、その後にアントラサイクリン、シクロスポリン、またはその両方による最大耐量の化学療法を行ない、さらにメトロノミック化学療法も行なった(グループ2)。
両グループの犬はさらに、最大耐量んもアントラサイクリン、または最大耐量んもアントラサイクリンとサイクロフォスファマイドに分けられた。

結果
:グループ1の中央無進行生存期間は165日であり、 中央全体生存期間は180日であった。グループ2の中央無進行生存期間は185日であり、 中央全体生存期間は212日であった。両グループで、全体生存期間は最大耐量のサイクリフォスファマイドの投与をうけた犬で短かった。

臨床的意義
:最大耐量の化学療法プロトコールへのメトロノミック化学療法の追加は、脾臓摘出と最大耐量の化学療法をうけた脾臓血管肉腫の犬における予後を改善しなさそうである。
 

Bisson, J. L., D. J. Argyle, and S. A. Argyle.
"Antibiotic prophylaxis in veterinary cancer chemotherapy: A review and recommendations."
 
Veterinary and comparative oncology (2018).

PubMedリンク PMID:29892997
本文:無料公開あり(全文

タイトル:獣医がん化学療法における抗菌薬予防;レビューと推奨

==アブストラクト===
がんの化学療法に誘発される好中球減少症に続いて起こる細菌感染は、ヒトおよび獣医療の患者において死亡と罹患の重要な原因である。ヒトの腫瘍学分野において抗菌薬予防は議論の余地があり、細菌感染の発生流の減少はいずれも、患者の副作用の増加と抗菌薬耐性の増加によって相殺される。ヒトの腫瘍学者が抗菌薬予防を処方するのを助ける包括的なガイドラインは存在するが、獣医学の文献においては同様の推奨は手に入らない。抗菌薬管理において獣医師の役割はより強調されてきており、腫瘍学者が適切な抗菌薬の使用を実践することは重要である。利用できるヒトおよび獣医療の文献を考慮することで、われわれは現在の臨床のようやくを提示し、獣医療のがん化学療法の患者における予防的抗菌薬の使用についての推奨を提案することができる。
 

Skorupski, Katherine A., et al.
"Carboplatin versus alternating carboplatin and doxorubicin for the adjuvant treatment of canine appendicular osteosarcoma: a randomized, phase III trial." 
Veterinary and comparative oncology 14.1 (2016): 81-87.

PubMedリンク PMID:24118677
本文:無料公開あり(全文) 

タイトル
:犬の四肢骨肉腫の補助療法としてのカルボプラチン vs.カルボプラチンとドキソルビシンの交互投与:無作為化フェーズⅢ試験

==アブストラクト===
犬の四肢骨肉腫の補助化学療法について記述した多くの公表された研究にも関わらず、最適な化学療法プロトコールにとしてのコンセンサスはない。この研究の目的は、四肢の骨肉腫で断脚を行った犬において2つのプロトコールのいずれかがより長い無病期間(DFI)に関連するかどうかを決定することである。 

組織学的に四肢骨肉腫と確定し、肉眼的な転移がなく、断脚が行われている犬を登録の対象とした。犬は無作為に、カルボプラチン の6回投与もしくはカルボプラチン とドキソルビシンを各3回づつ交互のスケジュールのいずれかの投与をうけた。50頭の犬が組み入れられた。カルボプラチン単独投与をうけた犬は、カルボプラチンとドキソルビシンの交互投与をうけた犬よりも、無病期間が有意に長かった(425日vs135日、p=0.04)。毒性が両群で類似していた。

この結果により、カルボプラチン の6回投与は、カルボプラチンとドキソルビシンの計6回投与と比較して、優れた無病期間に関連していることを示唆している。 

Fournier, Q., et al.
"Impact of Pretreatment Neutrophil Count on Chemotherapy Administration and Toxicity in Dogs with Lymphoma Treated with CHOP Chemotherapy." 
Journal of veterinary internal medicine 32.1 (2018): 384-393.

PubMedリンク PMID:29025493
本文:無料公開あり(全文

タイトル
:CHOP化学療法で治療したリンパ腫の犬において、治療前の好中球数が化学療法剤投与と毒性に与える影響 

==アブストラクト===
背景
:化学療法前の好中球の絶対数のカットオフ値は任意であり、施設や臨床医によって異なる。同様に、主観的なガイドラインが好中球減少の犬における予防的な抗菌薬の投与に対して用いられている。

目的
:CHOP化学療法で治療したリンパ腫の犬において、の好中球の絶対数の様々なカットオフ値が化学療法剤投与に 与える影響を評価し、化学療法前の好中球の絶対数とその後の毒性との間とに関連があるかどうかを調べること。第二の目的は、予防的抗菌薬の処方の示唆に対しての現在用いられている好中球絶対数のカットオフ値を評価することである。

動物
:リンパ腫と診断されCHOP化学療法で治療された犬(n=64)

方法
:615の好中球絶対数を6つのクラスに階層化した。3つの好中球絶対数のカットオフ値、1.5×103/μL、2.0×103/μL、2.5×103/μLを評価した。化学療法前の好中球絶対数のクラスと毒性との関連の有無を判定した。好中球絶対数<1.5×103/μLであるが、予防的抗菌薬の基準を上回る発熱性好中球減少症の犬を評価した。

結果
:来院の7%が好中球絶対数1.5×103/μLで化学療法が投与されなかった;来院の10%と16%が好中球数それぞれ2.0×103/μL、2.5×103/μLのカットオフ値で化学療法が投与されなかった。化学療法前の好中球絶対数の下位3クラスと毒性の間に関連はなかった。好中球絶対数0.75-1.5×103/μLの犬すべてが内科的介入なしに自然に回復した。

結論と臨床的重要性
:化学療法前の好中球絶対数1.5×103/μLで投与遅延の回数は最小であり、 化学療法前の好中球絶対数のクラス1.5-1.99×103/μLでは、毒性の増加と関連していなかった。予防的抗菌薬の処方が好中球絶対数0.75×103/μL付近のカットオフ値についてのさらなる調査が示される。


==訳者コメント===
アブストラクトだけみてもどういう研究でどういう結果だったのか、さっぱりわかりませんでした(自分の理解力の問題か?)
本文を読まないダメそうです。
 

Custead, M. R., H. Y. Weng, and M. O. Childress.
"Retrospective comparison of three doses of metronomic chlorambucil for tolerability and efficacy in dogs with spontaneous cancer." 
Veterinary and comparative oncology (2016).

PubMedリンク
本文:Google ScholarからReseachGateで入手可能(PDF

==アブストラクト===
 この研究の仮説は、高用量のクロラムブシルによるメトロノーム療法は、有意な有害事象の増悪なしに、転帰を改善するだろうというものである。
 88頭の犬を回顧的にスクリーニングして、クロラムブシルの利用における許容性と有効性について評価し、前向きにメトロノミックな経口投与の日量について
4mg/m26mg/m2 8mg/m2、の比較を行った。
 許容性について78頭の犬で、有効性について70頭の犬で評価した。
4mg/m2よりも6mg/m2で、消化器の有害事象の重症度は有意に悪く、消化器の有害事象が発生するまでの時間は有意に短かった(ともにp<0.001)。 4mg/m2よりも6mg/m2で、クロラムブシルは早くに投与中止となった(p=0.015)。4mg/m2よりも6mg/m2で、血小板減少症が有意に早く起こった。
 高用量のクロラムブシルによるメトロノーム療法は反応を改善させることがなく、有害事象の増加と関連した。

==本文から==
※利益相反・企業の関与:助成金は受けてい無いとの記載あり

 

↑このページのトップヘ