ねころんで探せる小動物医療のジャーナルクラブ

小動物臨床の獣医師が、臨床に役立ちそうな論文情報をちょっとづつアップします。ねころんでいても論文検索ができればいいなと。

タグ:心エコー

Puccinelli, Caterina, et al.
"A radiographic study of breed‐specific vertebral heart score and vertebral left atrial size in Chihuahuas." 
Veterinary Radiology & Ultrasound (2020).


PubMedリンク PMID:33111364
本文:無料公開なし

タイトル
:チワワの品種特異的な椎骨心臓スコアと椎骨左心房サイズのレントンゲン検査研究

==アブストラクト===
心臓の構造性疾患の診断においては心エコー検査がゴールドスタンダードであるが、犬において胸部レントゲン検査は心臓の大きさを評価するために、迅速で費用効果が高く、広く利用しやすい方法である。椎骨心臓スコア(VHS)と椎骨左心房サイズ(VLAS)は、胸部レントゲンで心拡大の客観的な測定として確率されている。しかしいくつかの研究で、異なる犬種間でVHSにばらつきがあることが示されている。チワワは先天性および後天性の心疾患の両方の素因がある。この前向き、単一施設、横断的研究の目的は、健康な成犬のチワワのVHSとVLASを評価することである。

合計で30頭のチワワが組み込まれた。この研究集団のチワワにおけるVHSの値は10.0±0.6(95%信頼区間 8.9-11.0)であった。これは、
BuchananとBüchelerによって設定された犬の基準値 9.7±0.6よりも有意に高かった(p=0.002)。この研究のチワワにおけるVLASは1.8±0.2(95%信頼区間 1.3-2.1)であり、Malcolmらが過去に報告した値2.07±0.25よりも有意に低かった(p=0.0004)。健康なチワワでは、VHSとVLASは、性別、体重、短毛または長毛、ボディコンディションスコアによる影響を受けなかった。

この結果から、レントゲンのVHSとVLASには品種特異的な基準値が必要であることが示された。チワワでは、心拡大の過剰診断を避けるの役立てるために、この研究で得られた値を基準値として使用できる。

Ferasin, Luca, Heidi Ferasin, and Eoin Kilkenny.
"Heart murmurs in apparently healthy cats caused by iatrogenic dynamic right ventricular outflow tract obstruction."
 
Journal of Veterinary Internal Medicine 34.3 (2020): 1102-1107.


PubMedリンク PMID:32343450
本文:無料公開あり(全文

タイトル:医原性の動的右室流出路閉塞に起因する明らかに健康な猫の心雑音

==アブストラクト===
背景
:明らかに健康な猫でもルーチンな身体検査で心雑音が検出されることはよくあり、心雑音を起こす乱流の原因を特定するには最終的にドップラー心エコーが必要となる。しかし、経験豊富な臨床医であっても心エコー検査で雑音の起源が特定できない症例がいる。猫の胸壁に超音波プローブを穏やかに押し当てることで、右心室の内腔が一時的にせまくなり、心臓の異常がなくても血液の乱流を起こす可能性がある。

目的/仮説:心エコー検査中の猫の胸壁に対するエコープローブの圧迫(誘発試験)が右室の血流に与える影響を調べること。第一の仮説は、誘発試験によって右室流出路の流速が増加し、乱流を引き起こすというものである。第二の仮説は、この操作の効果は試験中の心拍数の変化とは無関係であるというものである。

動物:明らかに健康で、身体検査で心雑音がある家庭飼育の猫61頭。

方法:心雑音の検査で来院した猫723頭の心エコー検査の回顧的再調査。

結果:誘発試験中に流出路の流速が1.05±0.26から1.94±0.51m/sに増加した(p<0.0001)。誘発試験中の右室流出のピークと心拍数の間に相関はなかった(p=0.34;r=0.1237)。

結論と臨床的意義
:右室流出路閉塞とそれに関連した心雑音は、エコープローブの右胸壁への圧迫の増加によって、明らかに健康な猫で誘発される可能性がある。


==本文から===
イントロから一部抜粋
過去10年間、猫の胸壁の右側に超音波トランスデューサーで穏やかな圧力を加えると、RV中央部の内腔が一時的に狭くなり、医原性にDRVOTOが誘発され、その後血流の乱れが引き起こされることが偶然に観察されました。また、聴診器の頭を猫の右胸壁にそっと押し付けて、聴診中に可聴雑音を誘発することで、同様の現象を再現できることも確認しました。

これが今回の研究の背景のようです。

Hsue, Weihow, and Lance C. Visser.
"Reproducibility of echocardiographic indices of left atrial size in dogs with subclinical myxomatous mitral valve disease."
 
Journal of Veterinary Internal Medicine (2020).


PubMedリンク PMID:32644291
本文:無料公開あり(全文

タイトル:無症候性の粘液腫性僧帽弁疾患の犬における左心房サイズの心エコー検査指標の再現性

==アブストラクト===
背景:粘液腫性僧帽弁疾患の犬における疾患重症度の重要な指標である左心房サイズの心エコー検査測定の信頼性については報告されていない。

目的
:無症候性の粘液腫性僧帽弁疾患の犬における左心房径(LAD)、大動脈径を指標とした左心房径(LAD/AoD)、左心房-大動脈起始部比(LA/AO)、右側傍胸骨長軸から得られた左心房容積(LAVRPLx)、左心尖ビューからの左心房容積(LAVLAP)の信頼性を比較すること。

動物:無症候性の粘液腫性僧帽弁疾患のある犬9頭。

方法:前向き再現性研究。犬に対して1週間の間に連続しない3日間の午前と午後に2人の検査者によって12の心エコー検査が行われた。信頼性(測定の変動性)は、変動係数(CV)と95%再現性係数(95%RC)を用いて定量化された。混合モデル分散分析(ANOVA)を用いて、日内の時刻、日付、および検査者が各指標の変動性の重要な原因であるかどうかを調べた。

結果:線測定
(LAD、LAD/AoD、LA/AO)は、容積測定(LAVRPLx、LAVLAP)に比べて日内変動、日間変動、検査者間変動が小さかった(CVs 3.9-12/5%)。検査者はLA/AOの変動性の重要な原因であった(p=0.005)。

結論と臨床的意義
:他の線測定と比較して、LA/AOは再現性が最も低く、最も検査者に依存していた。それぞれの左心房サイズの指標に対する95%RCは、無症候性の粘液腫性僧帽弁疾患の連続した心エコー検査の最中に、臨床的に信頼できる変化(検査者内および検査者間の変動性を超えて)を同定するのに役立つ。

↑このページのトップヘ